2021.7『リミットレギュレーション』考察編・絶望と怨嗟の涙

タイトルが絶望と涙と大げさな言葉を使ってますが好きなゲームのセリフなもんで何かあると思い出します。今回のリミットレギュレーションはこのセリフが出てくる感じではありますね。

発表当初は淡々と感想を述べるに収まりましたが、各ネット上での反応・夏環境どうするんだって話を見ていって見識を広げると想像以上に大丈夫?改訂だったので改訂後半戦を書くに至りました。

正直決まってしまった事を今から言っても仕方がないのですが、今回の斜め上っぷりは結構なものでしたので(汗)

ほぼ愚痴に近いので苦手な方はスルーしてくださいな。

スポンサーリンク

V.F.D.を生かしてγを規制とな!?

まず大方の予想で禁止と囁かれていたV.F.D.最強クラスの制圧能力を持ち、数多のデュエリストを沈めてきたカード。

特に【電脳堺】では安易な対応ではサクリファイスエスケープによって強引に効果を通されてしまいます。

【電脳堺】は【鉄獣戦線】が環境に登場してからは乗り換える人が増えたのか数は減りましたが入賞数は依然多いままですね。

そこでV.F.D.が今回まさかのノータッチ。それどころか対策カードとして採用率の上がったPSYフレームγを準制限に規制してしまう、といった事態に。

γ自体リスクを背負っての採用になるカードで規制はかなり痛そうに思えます。

脅威に対する回答で、脅威を触らず回答を規制する、本当に大丈夫なのでしょうか?SPYRALの時の増G準制限を思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その割にドランシアはあっさりと禁止にしましたし解せぬという声が出ても仕方がないですね。

アーゼウスは猶予期間?

今回ノータッチにも関わらずトレンド入りしたアーゼウス。

それくらい規制は免れないと思われていたカードですね、これもドランシアあっさり禁止してこっちはノータッチの例ですね。まぁ1番上手く使うのが【十二獣】ではあったのですが(汗)

新しいカードなので規制せず、なのかもしれませんが制限くらいにはしておいた方が良かった様な気がします。

今後規制されない事は環境が激変する以外に無さそうなので10月に繰り越しって所でしょうかV.F.D.は逃げ延びれてますが。

鉄獣戦線も間接的にしか触らず

爆発的に数が増えているトライブリゲード。LLや十二獣と合わせた混合デッキも多くあり。環境の中心となっているテーマ。

フラクトールや抗戦などの規制がありそうでしたが「天キ」の準制限に留まりました。とばっちりを食らった方も多いのでは?

トライブリゲードにはかなりダメージが少なく、時期環境でも変わらずやっていけそうですね。

つまり環境の変化は見られそうにないと言う事ですね。流石にそれが悪いとは言いませんが。

これから更に激強テーマが出る?

OCGでは名物とも言えるつよつよ新規テーマが突如登場するパターンや強い新規で既存テーマが環境にあがりだす、ですね。

実際トライブリゲードが強力な新規を貰って環境入りしたテーマですから。現状だと【ふわんだりぃず】が環境に一石を投じそうなメタテーマであるので展開系のデッキの抑止となるかどうかですね。

それらを踏まえた上での今回の規制なら納得もいくかな?って感じですが緩和はもうちょっと多くて良かったかなーと思っちゃいますね。返せるカードは沢山あると思うので。

夏が終わり秋が来る頃には予定通りではワクチン接種が大分進みイベントも安定して再開されるかもなので今夏の環境は大事な試金石になりそうです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

今夏は酷暑かつ異常気象が見られそうとの事なので皆様お体を大事になさってくださいね!

etc
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント