スポンサーリンク

《武力の軍奏》と「幻獣機」のシステムは未だ健在

2020.7.1のリミットレギュレーションで《リンクロス》が禁止になりました。しかしこのシステムは完全に死滅していなかった!

《リンクロス》のトークンと《幻獣機オライオン》で《武力の軍奏》を召喚する黄金システムは実質不可能となりましたが、デッキ次第ではまだこの動きは完全に終わってはいません。

スポンサーリンク

《幻獣機アウローラドン》とレベル1モンスターを軸に

《幻獣機アウローラドン》

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/機械族/攻2100
【リンクマーカー:左/下/右下】
機械族モンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。このターン、自分はリンク召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターを3体までリリースして発動できる。リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。
●1体:フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●2体:デッキから「幻獣機」モンスター1体を特殊召喚する。
●3体:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。

トークン3体生成は思う存分回せという効果ですねぇ。このカードを絡めて《ヴァレルロード・S・ドラゴン》に装備させるのが鉄板ムーブ。

その過程として使うのはやはり「ハリファイバー」「オライオン」《武力の軍奏》

以前のコンビから《リンクロス》が抜けた形ですね。

必要とされるようになったのはレベル1モンスター。《リンクロス》トークンが不在なので埋める存在です。

「アウローラドン」を特殊召喚するまでの例

「ハリファイバー」から「オライオン」とレベル1で《武力の軍奏》「オライオン」を蘇生して「ハリファイバー」と「オライオン」で《幻獣機アウローラドン》!

「アウローラドン」で「幻獣機」をリクルートできるので「ハリファイバー」でリクルートするチューナーは「オライオン」以外か2枚積むでも良さそうです。

キーとなるのは「レベル1モンスター」

色々な型があって回し方があると思いますがとにかくキーとなるのは「レベル1モンスター」ですね召喚権を使わずに特殊召喚したいところです。

【焔聖騎士】ではレベル1の特殊召喚が容易なので《リンクロス》が禁止後も展開力を保持していますねぇ。

細かいシンクロが苦手な【アダマシア】ではレベル1モンスターの枯渇によりかなり難しい形となりました。

とにかく「ハリファイバー」「オライオン」「レベル1」「武力の軍奏」「アウローラドン」この5枚をこねくるとシンクロデッキも新しい境地が見えてきそうです。

チューナーとしては《ゾンビ・キャリア》が見直されているようですよ。確かに事故蘇生と「オライオン」素引きをケアできる逸材ですなぁ。

シンクロ展開ルート考察は苦手ですが《リンクロス》健在時より分かりやすく短縮されているのでお試しデッキを組んで考察してみるのも良いですねぇ。

コメント