【青眼】2021年10月デッキ事情・採用率がグッと上がった《ビンゴマシーンGO!GO!》

《真の光》という新規も登場した【青眼】その新規の影響で変わってくるのデッキ構築。

新規を得た事により採用率がグングン伸びているのが《ビンゴマシーンGO!GO!》です、各「青眼」サポートや「ブルーアイズ」モンスターまでサーチできるカード。

サポートが強くなれば採用率も上がるってもんですな。

スポンサーリンク

《真の光》を引き当てる!

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから以下のカードを合計3枚選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
●「ブルーアイズ」モンスター
●「ビンゴマシーンGO!GO!」以外の、「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード

3枚選んでランダムに手札に入るカード。性質上デッキに3枚あると確実に引き当てる事ができます。

《真の光》を活用したいなら3枚積んで引き当てたい所ですね。

《真の光》を引いている場合でも「ブルーアイズ」モンスターにアクセスできたりして多少運になりますが腐ってしまう場面もありません、ただ「ビンゴマシーン」は枠的にも2枚くらいかなぁと感じています。

トーナメント用などでガチる場合は罠を採用せず、3000打点のハイビートで素早く殴り切る構築になるなかなぁと思ったりします、展開・蘇生も《復活の福音》などがありますし、手札誘発など各種汎用で枠的にもかなり厳しくなりそうですしね。

《真の光》でのサーチ先に《強靭!無敵!最強!》

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターは自身以外のカードの効果を受けず、戦闘では破壊されず、
そのモンスターと戦闘を行ったモンスターはダメージステップ終了時に破壊される。
(2):このカードが墓地に存在し、自分が「青眼の白龍」の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

《真の光》からサーチできるカードとして1枚刺してみると面白そうな1枚。

強力な耐性と戦闘したモンスターをダメステ終了時に破壊する効果を付与。

《青眼の白龍》が召喚・特殊召喚されると再セットにて1度使い回す事が可能です。

EXデッキ《簡易融合》《簡素融合》で《フルール・ド・バロネス》を狙う

《簡易融合》または《簡素融合》を使用することによってレベル2チューナーである《無の畢竟 オールヴェイン》を展開すれば「青眼」と組んでレベル10シンクロ《フルール・ド・バロネス》を狙う事が可能、枠にも比較的優しいギミックで貴重な制圧枠であり性能が折り紙付きの「バロネス」を展開する事ができます。

また各種「白石」《青き眼の賢士》を使用してリンク召喚「ハリファイバー」からの《フォーミュラ・シンクロン》でのアクセルシンクロも面白そうですね。

「ヌメロン・ドラゴン」「ドラッグラビオン」システム

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
レベル8モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のEXデッキ・墓地から「No.97 龍影神ドラッグラビオン」以外のドラゴン族の「No.」モンスター2種類を選ぶ。
その内の1体を特殊召喚し、もう1体をそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、この効果で特殊召喚したモンスターでしか攻撃宣言できない。

8軸デッキなので《No.97 龍影神ドラッグラビオン》を使用したシステムを採用可能《No.100 ヌメロン・ドラゴン》と合わす事で攻撃力9000を叩き出す事ができます。

テーマ
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント