【D-HERO】新融合体デストロイフェニックスガイや《Dフォース》サーチ手段が登場

《D-HERO ディナイアルガイ》

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1100/守 600
このカード名の、(1)の効果は1ターンに1度しか使用できず。
(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「D-HERO」モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
(2):自分のフィールド・墓地に「D-HERO ディナイアルガイ」以外の「D-HERO」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

デッキ・墓地・除外から積み込みを行う下級モンスター、除外したディアボリックガイをトップに戻して、墓地のディアボリックガイにてリクルートすれば準制限ながら展開数を増やす事ができますね。

これはディアボリックガイ無制限はしばらく無理かもれしませんね(汗)

フィールド・墓地にD-HEROが存在するだで自己蘇生が可能、デュエル中1度の効果なのでここぞで狙っていきたい効果ですねぇ、普通に頭数を揃えれるのが強く「デストロイフェニックスガイ」と共に出張される事も多いです。

《D-HERO デストロイフェニックスガイ》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2100
レベル6以上の「HERO」モンスター+「D-HERO」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

新しい「D-HERO」融合モンスター、勿論《フュージョン・デステニー》によるデッキ融合に対応、素材的にディアボリックガイを使えます、また「ダッシュガイ」が効果的に展開チャンスを狙えるので出張で人気の模様です。「ディバインガイ」も手札が切れれば2ドローと素材の墓地効果が非常に美味しいのが強み。

出張で採用を多数見受けられるパワーカードっぷり「ドラグーン」ほどではないですが素材を活用できる部分と《フュージョン・デステニー》素引きでも問題ないので全体的にみて強し。

効果は3つありモリモリ、そこそこな数値を見込めそうな永続デバフ、フリーチェーンによる自分・相手共にカード破壊を行う効果、破壊されると蘇生(自身も蘇生可能)

フリーチェーンによる破壊が強いのは他のカード達が証明済み《フュージョン・デステニー》による自壊デメリットも蘇生効果により戻ってくる事が可能となっており、フィールドから離れたら除外などもついていないのでまさに不死鳥の如く舞い戻ってきます。

タイムラグがあるから許された蘇生効果でしょうか…でも強いですねぇ、ただ《墓穴の指名者》には要注意ですね。

《ブレイク・ザ・デステニー》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの、「Dragoon D-END」またはレベル8以上の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、次の相手メインフェイズ1をスキップする。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
「ブレイク・ザ・デステニー」以外の、「Dragoon D-END」のカード名または「D-HERO」モンスターのカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

《Dragoon D-END》か最上級のD-HEROモンスターを破壊して相手のメインフェイズ1をスキップ。次の相手のメインなのでスタンバイに発動する形になりそうですね。

《フュージョン・デステニー》で融合したモンスターは自壊してしまうのでそれらを破壊してしまうのも手ですな。

墓地から除外するとサーチ効果、カード名が記された系サーチでこれによりサーチできるのは以下の3枚、カード名が記されたカードは結構少ないですねぇ。

  • 《D-フォース》
  • 《幽獄の時計塔》
  • 《D-タクティクス》

登場したばかりの《D-フォース》がサーチ可能となりBloo-D構築が更に捗りそうですね。

テーマ
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント