《ダーク・オネスト》星野貴紀さんはこちらの繋がりだったか

遊戯王OCGタイムズ内にて発表された《ダーク・オネスト》

ゲストのジャック・アトラス役の星野貴紀さんからLIOVは【レッド・デーモン】の強化も予想されていましたが《オネスト》のCVも星野貴紀さんが努めています。

むしろ【レッド・デーモン】に《ダーク・オネスト》を採用するのも全然アリなのが面白いポイントですね(*´ω`*)

スポンサーリンク

お馴染みセルフバウンス・打点は下げる方向

《ダーク・オネスト》

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1100/守1900
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):自分の闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、その攻撃力分ダウンする。

(1)は《オネスト》同様セルフバウンス、リクルートや蘇生から手札に戻して(2)の効果へ持っていったり高い守備を活かして一時的な壁にしたりダメージを増やすなど伝統芸ですな(*’ω’*)

(2)の手札誘発としては《オネスト》の闇属性版、ただし打点を相手分上げるのではなく、相手の攻撃力を下げる方向。

これによる1番の違いとしては相手に及ぶ効果なので「効果を受けない」耐性持ちに対しては無力になってしまう点に注意したいですね。

また《オネスト》の様に複数枚重ねて発動しても旨味がナシです、複数回攻撃も同じく。

こう見るとやはり戦闘関連は相手を下げるより自分を上げる方が扱いやすいというゲームの基本が身にしみますね。

ただ闇属性の戦闘サポートとして充分実用的な範囲内なので闇属性主体のデッキで打点に悩んでいる際には選択肢に入り得るかと思われます。

コメント