【超重武者】新規影響《超重武者ダイ-8》が高騰中・再録が無い過去の年末箱産

「サイバーストームアクセス」で新規が登場し、その質の高さからトーナメントシーンでも通用しそうな【超重武者】そうなると需要が高まる訳で…供給が少ない《超重武者ダイ-8》が高騰しています。

サーチ能力を有する下級なので有用性は折り紙付きですな。

スポンサーリンク

《超重武者ダイ-8》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守1800
「超重武者ダイ-8」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードの表示形式を変更する。
(2):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。
(3):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える。

収録されたのは通称「次元箱」と呼ばれた2016年11月発売の「DIMENSION BOX LIMITED EDITION」現在の年末箱商品の系譜ですね。

再録が無いので今回の高騰となりました。

軽くカードについての説明、展開時に表示形式を変更できるので安心して守備表示にして展開する事ができ、サーチ効果でも表示形式が関わってくるので大事な効果。

逆に《エフェクト・ヴェーラー》などを当てたい際は攻撃表示で出てきたらここに打ち込んでも良さそうです。

サーチする為には守備表示のこのカードを攻撃表示にしなければなりませんので展開時の守備化が重要となっている訳ですねサーチできるのは「超重武者装留」モンスター。

サーチ先は2つの有力候補がある

《超重武者装留チュウサイ》

効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 0/守 0
「超重武者装留チュウサイ」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードが装備されている場合、相手は装備モンスター以外の自分のモンスターを攻撃できない。
(3):このカードの効果でこのカードを装備した自分のモンスターをリリースして発動できる。
デッキから「超重武者」モンスター1体を特殊召喚する。

「チュウサイ」をサーチして装備させる事によって「超重武者」なんでもリクルーター化とさせる事ができます。

《超重武者装留イワトオシ》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守 0
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「超重武者装留イワトオシ」以外の「超重武者」モンスター1体を手札に加える。

「イワトオシ」も便利な1枚、フィールドから墓地へ送られれば「超重武者」モンスターをサーチする事ができ、サーチからサーチと動く事が可能となります。

買取は700円辺りが相場

買取が700円辺りになっています、ちょっと前は300円くらいが販売価格でしたね。

今後の大会結果やそれによる需要アップで更に騰がる可能性アリかと、【超重武者】の今回の新規は本当に優秀ですからねぇ。

コメント