遊戯王大会結果・優勝【ピュアリィ】ランキングデュエル

ピュアリィ

じわじわと話題になっているテーマ【ピュアリィ】大会でもぼちぼち結果を残しだしています。

カード達の方もじわ~っと値上がっていっていますねぇ。

スポンサーリンク

「魔導」軸が人気になっている

ピュアリィ・ハッピーメモリー

相性の良いテーマとして【魔導】から「バテル」と各魔導書が人気です。

今回優勝したデッキも「魔導」軸となっています。

「バテル」から「グリモ」そこから「ルドラ」に繋がる訳ですねぇ。

デッキ圧縮とドローエンジンになってくれている仕組みですな。

墓地に魔法が早く貯まるので《エピュアリィ・プランプ》の素材を素早く足していく事ができます。

枠の都合からか《灰流うらら》を切り詰めてもデッキのやりたい所を伸ばす構築となっています。

《エピュアリィ・プランプ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/地属性/天使族/攻 200/守2100
レベル2モンスター×2
(1):1ターンに1度、自分または相手の墓地の魔法・罠カードを合計2枚まで対象として発動できる。
そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
このカードが「ピュアリィ・デリシャスメモリー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):自分が「ピュアリィ」速攻魔法カードを発動した時に発動できる。
フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
その後、フィールドのモンスター1体を選んでエンドフェイズまで除外できる。
この効果は1ターンに3度まで使用できる。

またサイドデッキからは《昇霊術師 ジョウゲン》と《魔導書の神判》が採用されています、特殊召喚環境においてハマればとてつもない威力を発揮するカード。

往年の「ゴッドジョウゲンシステム」により《魔導書の神判》からリクルートして蓋をするギミックになっています。

困った時はジョウゲンが《ルドラの魔導書》のコストとなってくれるのも相性の良いポイント。

コメント