【ドラグマ】今期鉄板デッキっぽいなと感じるぞ!

リミットレギュレーション2020.10も発表され皆さんデッキをイジる総点検のお時間になっているかと思われます。

私は個人的に鉄板だと思う【ドラグマ】の調整をしっかり取っていく予定です。

現代遊戯王は結構な荒波なのでしっかり組まないとガチでもカジュアルでもあっという間に飲まれちゃいますからねぇ、これからは1つのデッキに時間をかけて調整していきたいですな(;・∀・)

スポンサーリンク

やっぱり混ぜ得感が否めない【召喚獣】【シャドール】

メイン1枚で出張できる【シャドール】ですが、メインからも何枚か採用するのも全然アリそうです。

ルーターである「ビースト」や墓地除外の「エリアル」が候補でしょうか。ここはメインの空いたスロットとの相談になりますねぇ。

【召喚獣】は規制もノータッチだったので以前通りの運用が可能。「メルカバー」の安心感と「アウゴエイデス」はやはり頼りになる性能ですね(*’ω’*)

《ネメシス・コリドー》を取り込む事も

除外して展開する事が多い【ドラグマ】ここで扱いやすさを感じるのが《ネメシス・コリドー》除外されているカードをデッキに戻し自己SS。

雷族なのでそのまま《超雷龍-サンダー・ドラゴン》へ繋ぐ事が可能です。お手軽ギミックで「超雷龍」を置けるので悪くなさそうに思えますね。

頼れる罠カード

制約が長い分、強力な《ドラグマ・パニッシュメント》罠を採用するなら他も採用して罠軸にしてしまうのが丸そうかなと《神の宣告》や後手の時に心強い《夢幻泡影》などもセット採用したいところ。

《天底の使徒》と《墓穴の指名者》の準制限化で空いた穴を埋める

以前の構築では採用していませんでしたが、最近2枚積むのが流行している《強欲で貪欲な壺》でしょうか。丁度2枚ですしねぇ。

大体どこを引いても強そうなので「ゴードン」での手札増強のバリューは他デッキより高そうです。メインのモンスターは精鋭で多数サーチカードもありますので多分大丈夫…なハズ。

今後の大会結果も参考にしていきたい

2020.10レギュレーションでの大会も始まりだしました。そこそこ【ドラグマ】はそこそこ流行りそうなので大会結果なども参考して励んでいきたいですね。

コメント