《妖精伝姫-カグヤ》召喚権の浮くデッキによく合うバウンスシステム

今回のカード紹介は《妖精伝姫-カグヤ》フリーチェーンのバウンス効果を持ち「壊獣」との組み合わせによる「壊獣カグヤ」システムが有名ですね。

また召喚時にサーチ効果も持っていてセルフバウンスと相性がとても噛み合う優良カードとなっています。

相手が拒否できるがフリチェーンバウンスは強力

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・EXデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。
墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

召喚時にサーチ効果、攻撃力1850の魔法使い族と結構範囲は絞られますね、しかしながらそれ故にターン1が無かったりと結構攻めている性能ですね。

サーチできるカードは以下の通り。

  • 《妖精伝姫-カグヤ》
  • 《妖精伝姫-シラユキ》
  • 《妖精伝姫-シンデレラ》
  • 《妖精伝姫-ターリア》
  • 《妖精伝姫-ラチカ》
  • 《憑依装着-アウス》
  • 《憑依装着-ウィン》
  • 《憑依装着-エリア》
  • 《憑依装着-ダルク》
  • 《憑依装着-ヒータ》
  • 《憑依装着-ライナ》
  • 《風霊媒師ウィン》
  • 《エンプレス・オブ・エンディミオン》

自身のカテゴリである「妖精伝姫」と「憑依装着」がメインとなっていますね、異彩を放つのは《エンプレス・オブ・エンディミオン》こちらもバウンス効果持ちとなっています。

主力の効果となる自身と相手フィールドのモンスターバウンス相手が対象と同名カードを墓地へ送る事で拒否されますが自分ターン・相手ターンにそれぞれ発動するとデッキからは枯れてしまいますね。

ただこれにより墓地が肥えて相手のリソースが強力になる場合もあるので対象は考える必要も「壊獣」で相手モンスターをリリースして「壊獣」と「カグヤ」両方を回収するのが「壊獣カグヤ」というシステムですね。

食らった経験がありますが結構なエグさです…(汗)

採用されるデッキ・融合系デッキと相性ヨシ

基本的に「カグヤ」を運用するのは召喚権が余るデッキやペンデュラム召喚を行うデッキですね。

またサーチ範囲に収まる【霊使い】での採用も見受けられます。

セレクション10によってサポートが増えたので元々のカテゴリである【妖精伝姫】もありますな。

【壊獣カグヤ】といったシステムをメインにするデッキもありますね、こちらは「未界域」などと組み合わせたグッドスタッフなデッキがスタンダード。

融合デッキからは【シャドール】に混ぜるのが人気です、墓地がよく肥えるのでサーチ先となる《妖精伝姫-シラユキ》と一緒にできるのも相性が良く合理的ですね。

ペンデュラムデッキでは【エンディミオン】にて採用されていたりします丁度エンディミオンストラクの時に再録されましたしねぇ。

最近では【エクソシスター】にて投入されているのも見かけます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

盤面への干渉力が絶大なので採用できるデッキは限られてきますが妨害が無いと大暴れしだすので大変な事になりますねぇ。

コメント