【溟界】のお供に「ゴルゴンダ」「シャドウディストピア」

気がつけば今週発売の「エンシェント・ガーディアンズ」

今回は収録テーマである【溟界】のお供として話題のカードの紹介をしていこうと思います。

スポンサーリンク

リリースとフィールド魔法で合致

《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》

フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

リリースコストを相手モンスターで補う事ができる中々えげつない事で有名な1枚。

【溟界】ではリリースコストで効果を発動するカードが多いのでパッと見相性はとても良さそうですね。リリースによる除去は防ぐのが難しいのでハマると効果はバツグンですな( ・`д・´)

また一緒に《闇黒の魔王ディアボロス》の採用もアリですね、リリースをトリガーに手札・墓地からSSでき自身もリリースによる相手手札へ干渉する効果と強力です。

カテゴリ専用のフィールド魔法《溟界の淵源》もあるのでぶつかっちゃうのに注意ですね。

《覇蛇大公ゴルゴンダ》

効果モンスター
星8/炎属性/爬虫類族/攻 ?/守 0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分のフィールドゾーンに表側表示のカードが存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):フィールドに「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が存在する限り、このカードの元々の攻撃力は3000になる。
(3):フィールドの「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のモンスター1体を除外できる。

上述の「ディストピア」か《溟界の淵源》が存在すれば運用できるモンスター。

爬虫類族・レベル8と【溟界】ともシナジーしており、エクシーズ素材とする事で恒久的に運用する事ができます。

ランク8エクシーズには除去の「ディンギルス」制圧として「タイタニック・ギャラクシー」など選択肢も豊富。

「ランスロット」からダイレクトアタックをして「アーゼウス」を重ねるのも良いかと。

コメント