考察《魔導騎士ギルティア-ソウル・スピア》対象を取らない除外と面白いサーチ範囲

Vジャンプ7月号の応募者全員サービスである『レジェンダリーモンスターパック』に収録される《魔導騎士ギルティア-ソウル・スピア》今回の応募者パックはどれもいい味を出していまねぇ。

スポンサーリンク

条件付きリリース無し召喚で範囲の広い対象を取らない除外

効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻1850/守1500
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
このカードの攻撃力以上の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
(3):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから以下のモンスターの内1体を手札に加える。
●ドラゴン族・闇属性・レベル7モンスター
●機械族・闇属性・レベル6モンスター
●戦士族・水属性・レベル5モンスター

自軍がガラ空きならリリース無しで通常召喚できる上級戦士族。強力な除去効果を持つのでもっぱら後攻やターンが回ってきた切り返し要員かと。

除去は通常召喚時に自身以上の打点を持つカードを選んで除外対象取らない除外は非常に強力ですね、自身の打点以上って言っても1850以上なので相手の厄介なモンスターは軒並み除外する事ができそうです。

何気に除外効果にはターン1が付いてないですね、通常召喚がトリガーなのでしょうが何か複数回使用ができるかも?

対象を取らない除外の強さは最近「シュライグ」さんで身に染みていますからね…

サーチ効果もあり城之内にまつわるモンスター群をサーチ可能。それぞれ《真紅眼の黒竜》《人造人間-サイコ・ショッカー》《伝説のフィッシャーマン》ですね。

しかしカード名ではなくステータスを参照するので色々なサーチが可能となっています。

スポンサーリンク

サーチ可能範囲が広い!

個人的に気になるサーチ先を挙げていきます。

  • 闇属性・ドラゴン・レベル7
  • 《幻創龍ファンタズメイ》
  • 《亡龍の戦慄-デストルドー》
  • 《ダーク・アームド・ドラゴン》
  • 《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》

ドラゴン族達だけでも物凄いメンツですね(;^ω^)

  • 闇属性・機械族・レベル6
  • 《星遺物-『星冠』》
  • 《星遺物-『星盾』》
  • 《Kozmo-ドッグファイター》
  • 《Kozmo-ランドウォーカー》

「星遺物」や「Kozmo」関連のサーチが個人的に気になりました。

  • 水属性・戦士族・レベル5
  • 《氷結界の虎将 ウェイン》
  • 《サルベージ・ウォリアー》

「ウェイン」サーチは面白そうですね。

対象を取らない除外を持った上でサーチ効果もあるのは中々に強そうですねぇ。《鋼鉄の魔導騎士-ギルティギア・フリード》や《真紅眼の黒刃竜》といった融合モンスターの素材確保に使えるのも良きですね。

コメント