「スターダスト・セイヴァー」強化で再注目されるか《ジャンク・スピーダー》と《ジャンク・コンバーター》

「ドーン・オブ・マジェスティ」でのリメイクとして「スターダスト・セイヴァー」が決定。

いざ来るとなるとやはり良いものですねぇ、そこで今回は既存の中でも新しめな《ジャンク・スピーダー》と《ジャンク・コンバーター》について、これから需要が上がりそうですね。

スポンサーリンク

シンクロンを好きなだけ展開できる「スピーダー」

《ジャンク・スピーダー》

シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻1800/守1000
「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する(同じレベルは1体まで)。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

可能な限りリクルートとかなりぶっ飛んだ効果、そのせいかルール変更時に制限カードに指定されていました、現在は準制限となっております。

「シンクロン」チューナーを大量リクルートできるのでかなりの展開を望めそうです、また《ジェット・シンクロン》《スターダスト・シンクロン》は自己蘇生も出来るのでウハウハですね!

縛りとしてはSモンスターしかEXから出せなくなりますが、その縛りは他のカードでも付いたりするので気を付けておきましょう。

攻撃力を倍にする効果もあり3600打点まで処理が可能なのも見どころの1つかと。

《ジャンク・コンバーター》

効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 400/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードとチューナー1体を捨てて発動できる。
デッキから「シンクロン」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

「シンクロン」をサーチ《調律》と違うのは非チューナーもサーチ可能な点。またチューナーを捨てるコストが墓地肥やしとして機能させれるのも良いですね。

シンクロ素材になると墓地のチューナーを蘇生、自然と連続シンクロへの準備を整えてくれます。

《くず鉄のシグナル》

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):Sモンスターを素材として必要とするSモンスターが自分フィールドに存在し、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。

貴重な罠による妨害手段、破壊などはしませんが、再セットされ使い回す事が可能。それとカウンター罠という性質上チェーンされにくいのも強み。

発動条件は中々ですが、特化構築なら特別難しい訳では無さそうです。

コメント