遊戯王OCG・『PP2021』アドバンス召喚サポート《エンジェルO1》など

次のプレミアムパックは再録枠が存在し、コロナ禍も3波到来という事で「ジャンプフェスタ」での先行販売もなく、大分イレギュラーな形となっていますね。

しかし新規収録はマンガ産のカードがメインなのはブレていません。

今回は「遊戯王R」から登場したカードについて考えていこうと思います。

再録枠についての雑感過去記事は以下からよろしければどうぞ(*´ω`*)

スポンサーリンク

《エンジェルO1》最上級のアドバンス召喚をサポート

《エンジェルO1》
効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 200/守 300
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードは手札のレベル7以上のモンスター1体を相手に見せ、手札から特殊召喚できる。
(2):特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにレベル7以上のモンスター1体を表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。

最上級を公開するだけで特殊召喚できるモンスター、レベル1光属性と色々活用できそうな要素も持ち合わせています。

特殊召喚したこのカードが存在すると最上級のアドバンス召喚の為の召喚権が1度増えます。特殊召喚されていれば良いので《ワン・フォー・ワン》でリクルートした場合でもOK

このカードを特殊召喚、通常召喚、最上級をアドバンス召喚といった感じに展開ができそうです、かなり消費するのでハンドアドバンテージは何か考えないと厳しいかもですね(^o^;)

《天帝従騎イデア》と《冥帝従騎エイドス》で3体リリース体制も

アドバンス召喚の強い味方である上記2種のカード「イデア」は《ワン・フォー・ワン》を共有でき《エンジェルO1》と「イデア」「エイドス」の3体を並べてアドバンス召喚権がある、といった盤面も作り上げれます。

原作の様に「三邪神」を召喚できますな(*´ω`*)

《小天使テルス》トークン生成に長けたカード

《小天使テルス》
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻 500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「テルスの羽トークン」(天使族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「テルスの羽トークン」が存在する場合、墓地のこのカードと手札の魔法カード1枚を除外して発動できる。
自分フィールドに「テルスの羽トークン」2体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は手札からしかモンスターを特殊召喚できない。

墓地へ送られたり墓地から魔法と一緒に除外するとトークンを生成するカード。モンスターゾーンから墓地へ送るのはリンク召喚を使用すれば容易ですね。

最大で3体の「テルスの羽トークン」を並べる事ができます。墓地から除外してのトークン生成を行うと特殊召喚ができない制約が発生します。

こちらも3体並べる事ができますが、召喚権の問題がありますねぇ…「ヴァルハラ」から特殊召喚で展開するとリンク素材にしにくくなるジレンマ…《D-HERO Bloo-D》なら即座に特殊召喚が可能ですね。

《レベル・レジストウォール》発動すればロマン溢れる大量展開

《レベル・レジストウォール》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
レベルの合計がそのモンスターと同じになるように、デッキからモンスターを任意の数だけ選んで守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

破壊された自軍モンスターのレベルの合計になるように効果を無効にしてリクルート。効果破壊は相手から限定ですが、戦闘では自爆特攻でも可能となっております。

レベルが必ず一致するようにリクルートしないといけませんがレベル8が破壊された場合、レベル4を2体リクルートなど決まると破格のリクルートが発生しそうです。

流石に効果は無効にされてしまいますが、リクルートできるだけで偉いですな。レベル9が破壊された場合には構築次第では「トリシューラ」の素材をリクルートで用意できちゃいますね(*’ω’*)

高レベルを使用する融合・シンクロデッキで扱うと面白そうな1枚です(*´ω`*)

コメント