【大会結果】クラゲ先輩優勝!大会でも通用するレベルか

『アニメーションクロニクル2021』で多くのテコ入れがあった水属性デッキ。

「ステルス・クラーゲン」など強力なエクシーズモンスターも登場し、早速大会で結果を残しました。

スポンサーリンク

バハシャ餅カエルはやはり特権

大会優勝おめでとうございます!

この他にも「水属性」のデッキ入賞も見かけました。

メインデッキの基本は「シャーク」を骨組みにアニクロの水属性カード達が投入された仕様となっていますね。

《海竜神の激昂》《激流葬》のパッケージがギラリと光ります。そしてセブンスワンと言うロマンも垣間見ますね。

ドローソースは《強欲で貪欲な壺》と《三戦の才》《増殖するG》と手札からの展開が多いのでガッチリと搭載されています。

EXデッキは新登場の「ステルス・クラーゲン」2種をガッチリ取られています、まぁ複数枚運用前提ですからねぇ。相手ターンにも発動できる対象を取らない破壊&バーンはやはり強力そうです。

破壊されても「エフィラ」で盤面をケアでき、残ればそこから「未来龍皇」が飛んできます。恐ろしい…

もちろん水属性特権とも言える「バハムート・シャーク」からの「餅カエル」のムーブも搭載。

普通に強い!と言う素直な感想が出てきますねぇ。

コメント