【電脳堺】まだ2種類の「電脳堺門」を残している…

スポンサーリンク

「四神」になぞったカード「電脳堺門」があと2種類は控えてる【電脳堺】

今でも充分すぎるほど強いのでまだ全力でないと思うとヒェって思います(使われる側の感想)

ひょっとしたら「黄龍または麒麟」があったり…とかとも思っちゃったり。

スポンサーリンク

「九竜」のデッキから置く効果で安定してアクセスできる「電脳堺門」

《電脳堺都-九竜》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「電脳堺門」カード1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
その後、自分フィールドの「電脳堺門」カードの数によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●2枚以上:このターン、自分フィールドの「電脳堺」モンスターの攻撃力は200アップする。
●3枚以上:自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
●4枚:EXデッキから「電脳堺」モンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

現在ある「電脳堺門」は「青龍」と「朱雀」の2種類。

四神だと残りは「白虎」と「玄武」ですね。「九竜」の効果的にこちらも「永続の罠・魔法」で登場するかと思います。

「青龍」の効果無効や「朱雀」の破壊構えで既に結構強いのでどういった効果がでるのでしょうかねぇ。墓地から除外しての効果もあると思われますので非常にアドアドしいカードになりそうです。

既に「破壊&無効」といった2大妨害手段を切っているので次なる効果のデザイン空間としてはどうなるでしょうね?相手の墓地に触るのとかも少し「仙々」と被り気味ですが…

ただデッキスロットを大きく圧迫しそうなので新規の「電脳堺門」が登場した際はデッキの再調整が必要ですね。

プチマクロコスモスやVFDが飛び出てくる様は中々にえらい目に遭う事になるので対戦する際には要注意デッキですよ!(えらい目に遭った人の感想)

コメント

  1. 匿名 より:

    四神なら中央に対応する黄龍もあるかもですね