【大会結果】「オルターガイスト」「アダマシア」「未界域」

スポンサーリンク

ちょっと気になる大会結果ツイートがあったので個人的ピックアップ大会結果。

【オルターガイスト】【アダマシア】【未界域】と言うメンツ。

10月の新制限から環境がどう推移していくか注目です。

スポンサーリンク

《パーソナル・スプーフィング》の緩和は大きかった?

【オルターガイスト】

《ワン・フォー・ワン》と引き換える形で《パーソナル・スプーフィング》がトレード規制・緩和される形となりましたが、やはり罠が増える方が【オルターガイスト】的に嬉しい感じなのでしょうか。

《魔鍾洞》や《王宮の勅命》《王家の眠る谷-ネクロバレー》など強力なメタカードが搭載されていますねぇ。そして《黒き森のウィッチ》と《聖魔の乙女アルテミス》ギミックが搭載されており、後続を持ってくる手段が確保されています。

「セレーネ」「アクセスコード」ギミックや、【ドラグマ】を意識しての「スカルナイト」と《やぶ蛇》セットが採用されています。

かなり最適化が仕上がっていると思える完成度ですねぇ。

【アダマシア】

リンク軸の【アダマシア】私も現在持っているのはリンク軸です。《パラレルエクシード》ってカードがクセになりすぎます(^o^;)

《ゲート・ブロッカー》や《ギガンテス》《巌帯の美技-ゼノギタム》と脇を固めるカードがしっかりと搭載されています。【アダマシア】はこれらのカードをメチャクチャ上手に使えるんですよねぇ。

EXには「アポロウーサ」と「ヴェルテ・アナコンダ」を採用、「ヴェルテ・アナコンダ」はメインの《簡易融合》と裏側の謎の15枚目のEXを使うのでしょうか、サイドからは《ネオス・フュージョン》と《レインボー・ネオス》ギミックが搭載されています。

またサイドに最近話題の《月の書》も選択されていますね。

【未界域】

「暗黒界」型の【未界域】現代でも通用する【暗黒界】恐るべし、ですね。

《ゴキポール》が採用されており、各種手札を捨てる効果で墓地へ送り込み「モスマン」をサーチする事ができます。

《トーチ・ゴーレム》の採用により多彩なリンクを扱えそうです「シラユキ」「ゼピュロス」「デストルドー」といった墓地からSSできるセットが採用されており、継戦能力も高そうです。

また《チキンレース》も非常に効果的に使用できますね。以前1度対戦した事があるギミックですが大変強かったですよ(^o^;)

《マジックテンペスター》というバーンダメージによる勝ち筋も用意されていますね。

コメント