Vジャンプ1月号に《氷結界の随身》付属|VJにストラク関連カード付属について思う事

Vジャンプ1月号に《氷結界の随身》が付属します。

レベル2と下級モンスターである事以外は未判明ですねぇ。

ここしばらくストラクに連動したカードが付録になる事が多いので思う所を書いていきます。

スポンサーリンク

氷結界でレベル2

見えている情報はこれのみ…チューナーなのか非チューナーなのかも不明ですね。

特殊召喚できるチューナーとかだったら相当強そうではありますが、現状ではなんともですね。

スポンサーリンク

必須なのか必要枚数は…?予算も跳ね上がる

ストラク連動カードが付録になると組むかどうか迷っている時に悩みの種の1つになります。

組む前で必要枚数も分からず…といった場合もあります、3冊購入すればよいって話ですがそうなるとストラク3+VJ3と中々なお値段に(;・∀・)

ストラクも近年強化パック付属で単価が上がっているので5000円くらいの買い物になってしまいます。

フリマアプリなどではシク枠をスーパーに入れ替えた3つセットが安かったりするのでシクを目指さない場合はこの選択をするのもアリかと思います。

そしてVJは迷っている内に店頭から消えてしまうというパターンも…それほど高騰しなかったカードならシングルで購入で良いのですが、お高くなっちゃうと手を出しにくいですねぇ。

前回の《ドラグニティ-ギザーム》は必須ではないカードでしたが私はストラクを組む際に2冊買っちゃって余らせちゃってる状態です(^o^;)

逆に《ストライカー・ドラゴン》は「ヴァレットストラク」連動でしたがその枠を飛び出し【ドラゴンリンク】や【ドラゴンメイド】に採用されるに至って高騰しています。

必須レベルカードだった場合後でストラクが再販されても困っちゃうと思うんですよね…

正直難しいですが…プレイヤー目線からの本音を言うと「ストラクに入れといて!」に集約しちゃいますね…(;・∀・)

コメント