カード考察《死霊王 ドーハスーラ》再録決定記念も兼ねて

今回フィーチャーするカードは『シークレットシャイニーボックス』で再録が決まった《死霊王 ドーハスーラ》条件が整えばアンデット族モンスターの中でも高い制圧能力を誇るモンスターとなっています。

【魔妖】や【不知火】デッキでも採用の価値アリなカードですよー!

《アンデットワールド》とセット運用が基本《アンデットワールド》自体も強い

効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる
(同一チェーン上では1度まで)。
以下の効果から1つを適用する。
このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。
●その効果を無効にする。
●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。
(2):フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、お互いのスタンバイフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを守備表示で特殊召喚する。

レベル8の最上級アンデット族モンスター。

アンデット族モンスターの効果発動をトリガーとして効果が誘発する効果を持っています。フィールド・墓地全てのモンスターをアンデット族にする《アンデットワールド》が存在すると全てのモンスター効果をトリガーとする事ができます。

それによる効果内容は「その効果を無効」と「フィールド・墓地のモンスター」に対象を取らない除外。

効果無効の方は破壊まではしないのでフィールドのモンスターの場合などはフィールドに残る事になります、手札誘発の主流である《灰流うらら》は元々アンデット族なのも相まって《アンデットワールド》無しでも止めれたりするので得意な相手と言えるでしょう。

もう一方の対象を取らない除外は問答無用の強さですな。

2つ目の効果はお互いのスタンバイフェイズに蘇生できる効果、フィールド魔法が存在しないといけませんが、そこは相性が良い《アンデットワールド》に頼みましょう、相手のフィールド魔法に反応して蘇生する事も可能、ただし「ネクロバレー」は勘弁な!

フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

《アンデットワールド》は条件を整えるカードに留まらず、種族指定のEXデッキモンスターの特殊召喚・サポートを止める事ができます。アドバンス召喚も封じる効果があるので【ふわんだりぃず】や【真竜】を封殺する事もできます。

アンデット族の定番カードである《馬頭鬼》《ユニゾンビ》によって「ドーハスーラ」は簡単に墓地へ送り込む事ができるので後は《アンデット・ワールド》により蘇生条件が整うのでメインデッキに少ないスロットでデッキに組み込む事が可能。

また《アンデット・ワールド》をサーチする手段として《屍界のバンシー》を1枚用意すると豊富なアンデット族墓地送りによりアクセス体制が強固となります。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

展開系が多いアンデット族で貴重な制圧と除去ができるモンスター《アンデットワールド》も思わぬ所で相手に刺さるのは結構楽しかったりします。

コメント

  1. 匿名 より:

    今どきアンデットワールド軸のデッキ使ってたら馬鹿にされるんだけどね
    これエンディミオンストラクが出た辺りからなんだよな