《超雷龍-サンダー・ドラゴン》出張・《ルイ・キューピット》で《ネメシス・コリドー》をサーチ

サーチ封じという遊戯王において高い制圧能力を誇る《超雷龍-サンダー・ドラゴン》猛威をふるったので現在は制限カードになっています。

この「超雷龍」を出張させたデッキがちらほらと見かけますね。特殊召喚条件が比較的緩めなのもあってユーザーの判断で採用される事があります。決まるとホント強力ですからねぇ。

スポンサーリンク

起点のコリドーをサーチしやすくなった・除外活用テーマに

出張において「超雷龍」を特殊召喚するトリガーとなるのが《ネメシス・コリドー》除外されているモンスターが必要なのである程度除外を利用するデッキに向いているカードになります。

《ネメシス・コリドー》の効果が通ればそのまま「超雷龍」を特殊召喚する条件が整うのでそのまま降臨する事ができちゃいますねぇ。

しかし問題だったのは「コリドー」へのアクセス手段、ここで最近登場した《ルイ・キューピット》によってサーチ出来るようになりました。これにより「コリドー」ピン刺しからでも運用が可能になりました。

《ルイ・キューピット》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 0/守 600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動する。
そのS素材としたチューナーのレベル分、このカードのレベルを上げる、または下げる。
(2):このカードの攻撃力は自身のレベル×400アップする。
(3):S召喚したこのカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動する。
そのS召喚したモンスターのレベル×100ダメージを相手に与え、デッキからレベル8以下で守備力600のモンスター1体を手札に加える事ができる。

シンクロチューナーの超新星とも言えるカード「ハリファイバー」「アウローラドン」を絡める事によりシンクロ召喚してそのままこのカードを使用してのシンクロ召喚も目指せます。

勿論シンクロが得意なデッキであれば素でシンクロ召喚するのも良いですねぇ。

サーチ範囲がレベル8以下の守備600と範囲が中々に広く、その中の1枚が《ネメシス・コリドー》ですね。

《ルイ・キューピット》の強制レベル変動効果による性質上シンクロは高レベルな物になりますが最近では《フルール・ド・バロネス》など強力なカードが増えているのも追い風。

その盤面に《超雷龍-サンダー・ドラゴン》がプラスワンされる脅威は推して知るべし。

デッキカテゴリとしては【代行天使】によく見られるようになったシステムとなっております。

他にも【天威相剣】で「ボウテンコウ」を利用して採用もできますね。

【相剣】も【代行天使】も除外を活用するので《ネメシス・コリドー》の効果トリガーは簡単に引くことができます。

各種シンクロデッキなど相性が良いテーマで最小限のスロットでかなりの効果を期待できるので中々に強そうなギミックですねぇ。

「超雷龍」もこの影響か高騰傾向にありますね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

融合出張は「デストロイフェニックスガイ」が目立っていますがこちらも中々に強力な出張ですねぇ。

カード
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント