PR

《スカーレッド・デーモン》などストラク「王者の鼓動」収録カード考察

記事内に広告が含まれています。

ストラクチャーデッキ「王者の鼓動」に収録されるカードがいくつか公表されましたね。

個人的に気になるカード、というか良カード新規が多いのでこのデッキでサティスファクションできそうな感じがします。

今まで気になっていた事故率なども軽減されそうですな。

スポンサーリンク

《スカーレッド・デーモン》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外の闇属性モンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「レッド・デーモンズ・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
EXデッキから「レッド・デーモンズ・ドラゴン」1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
このカードがドラゴン族・闇属性SモンスターのS素材として墓地へ送られていた場合、さらに相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊できる。

看板を飾る新たなモンスター。

看板ながらエースといったカードではなく中継・潤滑油となるカードとなっています、そりゃまぁエースは現在だと既に《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》という中々にとんでもカードがありますしねぇ。

《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(4):このカードの(3)の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

まだ全容が見えた訳ではないのでさらなるエースモンスターの登場も期待できたりもしますが、表紙的に多分可能性は低めですかねぇ?「スーパーノヴァ」超えのカードを…というのも中々ですが「遊星」は色々新たに貰えているのではたして…

《スカーレッド・デーモン》の効果としては《レッド・デーモンズ・ドラゴン》としても扱いモンスターゾーンから墓地へ送られると《レッド・デーモンズ・ドラゴン》をシンクロ召喚扱いで展開、シンクロ素材とした場合は更に相手の攻撃表示モンスター全破壊の効果が付きます。

基本的にこのカードを素材として闇属性・ドラゴン族をシンクロしていく運用になるかと思われます。

同じレベル帯で制約にもかからない所では《混沌魔龍 カオス・ルーラー》が存在しますが…用途的に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が出てくるなど違いはありますが、禁止説が囁かれている「カオスルーラー」はいよいよ危ないポジションに居る感じとも思う所があります。

《琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》に繋げばリリースコストが必要ですが「ベリアル」の蘇生により更に展開を伸ばす事ができますね。

《琰魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
「えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースし、自分の墓地の「レッド・デーモン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分のデッキ及び墓地からレベルが同じチューナーをそれぞれ1体ずつ選んで守備表示で特殊召喚する。

「ベリアル」「アビス」+αと並べれば打点的にそのままGGに持ち込める火力を出す事ができます。

《ソウル・リゾネーター》

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/悪魔族/攻 500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
「ソウル・リゾネーター」を除く、レベル4以下の悪魔族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性SモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドに「レッド・デーモンズ・ドラゴン」またはそのカード名が記されたSモンスターが存在し、自分フィールドのカードが効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

新しい「リゾネーター」下級の悪魔族をサーチする事ができ、「ジャック」関連の各モンスターもサーチ範囲に収まります。

汎用効果すぎるので闇属性シンクロモンスターしかEXデッキからは出せなくなる制約が発生。

(2)は《レッド・デーモンズ・ドラゴン》かそのカード名が記されているシンクロモンスターが存在する場合に墓地除外によってフィールドのカードを効果破壊から身代わりになる事ができます。

参照する「レッド・デーモンズ・ドラゴン」が居れば破壊されるカードならばどれでも守れるのがポイントですが戦闘破壊には対応する事ができません。

召喚権を割く事になりがちなので各自己特殊召喚できる非チューナーと相性が良く、それらをサーチするのが基本的な動きになるかと。

《コール・リゾネーター》でもサーチできる優秀な初動ですね。

《ボーン・デーモン》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族・闇属性SモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札・デッキから悪魔族チューナー1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げるか下げる。

手札・フィールドのカードを墓地へ送って手札・墓地から自己特殊召喚ができる悪魔族モンスター。

悪魔族版《ユニゾンビ》の様な高い性能を誇っています。

このカードにも《ソウル・リゾネーター》と同じ闇属性・ドラゴン族シンクロモンスターの制約が発生します《ソウル・リゾネーター》からのサーチ先としても優秀ですね。

(2)は手札・デッキから悪魔族チューナーを墓地へ送り、モンスターのレベルを1上下させる事ができます、これにより《ソウル・リゾネーター》からレベル8シンクロに持っていく事が可能。

今まではどうしても《レッド・ライジング・ドラゴン》に頼り気味だった所が解消されています。

またデッキから悪魔族チューナーを送り込めるのが非常に魅力的。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

《ソウル・リゾネーター》からレベル8シンクロまでたどり着けるのが嬉しいですね、今までチューナー非チューナーを偏って引いてしまい安定性に欠けていたり《レッド・ライジング・ドラゴン》への依存度も高かったですから。

コメント