進化を続ける『儀式召喚』デッキ儀式や攻撃力参照

ここしばらくの間で目まぐるしい進化を遂げた召喚方法「儀式召喚」

【ネクロス】での墓地儀式やEXデッキリリースにも大変驚きましたね。もっと前なら《高等儀式術》などもありますね。

ここしばらくの間なら「魔神儀」が印象的です。特殊召喚しながら儀式魔法・儀式モンスターをサーチし、自身がリリースになっていくシステムは堅実ながら新鮮でした。

スポンサーリンク

【メガリス】【ドライトロン】で更なる進化

《メガリス・フール》
儀式・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻 500/守2000
「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合、自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。
このカードのレベルをそのモンスターと同じにする。
その後、対象のモンスターを手札に加える。
(2):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札・デッキから「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

【メガリス】のデッキから儀式モンスターを召喚するシステム。モンスター効果による儀式も稀ながら更にデッキからとは驚きでした。

《影霊衣の反魂術》で墓地での儀式からしばらく経ち、ついにデッキからの儀式。他の召喚法だとデッキ融合とかを見た時の様な衝撃でした(;^ω^)

これに続き《ネフティスの繋ぎ手》も登場、儀式召喚時にデッキから「ネフティス」儀式モンスターを儀式召喚扱いで特殊召喚とこちらもかなりぶっ飛んだ効果になっております。

《流星輝巧群》
儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):攻撃力の合計が儀式召喚するモンスターの攻撃力以上になるように、自分の手札・フィールドの機械族モンスターをリリースし、自分の手札・墓地から儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの「ドライトロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を相手ターン終了時まで1000ダウンし、
このカードを手札に加える。

お次は最新儀式テーマ【ドライトロン】今度はレベルではなく攻撃力を参照して儀式召喚を行います。

このカードだと更に墓地からも対応している高性能っぷり。しかも「儀式モンスター」なら何でも出せる上に回収効果まで付いているという大盤振る舞い(;・∀・)

攻撃力を参照なのを利用して打点が低めの制圧儀式モンスターである《崇光なる宣告者》が一躍メジャーになりましたね。

ただリリースに使用できるのはは機械族モンスターのみとなっています。

コメント