「ホープレイ」「ゼアル・ウェポン」新規!「RUM」をサーチしてもいいぞ!

スポンサーリンク

『ライトニングオーバードライブ』にて新規が公表された「ホープレイ」と新たな「ゼアル・ウェポン」カテゴリ。

「RUM」のサーチカードも登場し「ホープ」デッキ界隈は賑やかになりそうです(ホープ・ゼアルの禁止はこれも見越してた?)

スポンサーリンク

豊富な「ZW」サポート・「ゼアル」カード

《竜装合体 ドラゴニック・ホープレイ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/戦士族/攻2500/守2000
レベル5モンスター×3
このカード名はルール上「CNo.39 希望皇ホープレイ」として扱う。
(1):1ターンに1度、このカードが効果の対象になった時、または攻撃対象に選択された時に発動できる。
手札・デッキから「ZW」モンスター1体を選び、その効果による装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、このカードが装備している「ZW」モンスターカードの数まで、相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。

新しい「ホープレイ」の姿、素材が重いので「RUM」などの利用が主な召喚方法でしょうか。

効果対象・攻撃対象になると手札・デッキから「ZW」を装備、相手の効果限定ではないので効果対象は自分から取りにいけますね。

装備している「ZW」の数まで相手フィールドの表側カードの効果を無効化、永続で無効化なので永続魔法や罠を完全に無力化させる事ができます。

とてつもないサーチ範囲を持つ《ゼアル・コンストラクション》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手に手札を1枚見せ、デッキから以下のカードの内いずれか1枚を手札に加える。
その後、見せたカードをデッキに戻す。
・「ZW」モンスター
・「ZS」モンスター
・「ゼアル」魔法・罠カード
・「RUM」魔法カード
・「RDM」魔法カード

手札を1枚デッキに戻す必要こそありますが多岐にわたるカテゴリをサーチ可能なカード、多分スーパーレア?(ΦωΦ)

今回の強化方針に分類されるカテゴリ全てに対応という大盤振る舞いですな。

汎用性で言うと「RUM」魔法カードでしょうね「ホープ・ゼアル」が禁止じゃなかったらとんでもない事でした(;^ω^)

同じく新規の「ZS(ゼアル・サーバス)」にアクセスすれば初動で「希望皇ホープ」+「ZW」or「RUM」またはその両方のサーチが可能ですね。

「ゼアル」魔法カードには蘇生効果があったりするので腐ることがほぼ無いカードと言えるでしょう。

スポンサーリンク

加速する《シャイニング・ドロー》

《シャイニング・ドロー》

通常魔法
(1):自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、
そのターンのメインフェイズ1に、
自分フィールドの「希望皇ホープ」Xモンスター1体を対象として、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキ・EXデッキからカード名が異なる「ZW」モンスターを任意の数だけ選び、装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●対象の自分のモンスターとカード名が異なる「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、そのモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

通常ドローするととんでもないアドバンテージを稼ぐ希望のカード。

《ゼアル・アライアンス》の効果でトップに積み込む事も可能、「ZW」装備し放題か「ホープ」専用ランクアップと破格の効果。

このデッキが気になる方は押さえておきたいカードかもしれませんね。

コメント