再録が無い地味高リンクモンスター《アドヴェンデット・セイヴァー》

最近取り上げる事が多い地味に高いカードシリーズ。

今回はアンデット族リンクモンスター《アドヴェンデット・セイヴァー》【ヴェンデット】カテゴリのカードですが、アンデット族デッキと種族範囲で運用できるカードとなっております。

なお、収録は「EXTRA PACK 2018」のシークレットレアとして収録。封入率的に結構レアですな( ・`д・´)

スポンサーリンク

アンデット専用《おろかな埋葬》+打点を下げる効果

《アドヴェンデット・セイヴァー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/アンデット族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
アンデット族モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「リヴェンデット・スレイヤー」として扱う。
(2):自分の墓地の「ヴェンデット」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのレベル×200ダウンする。

(1)と(2)については【ヴェンデット】での運用となる効果。

(3)の効果は戦闘時にアンデット族専用《おろかな埋葬》に加え戦闘相手の打点を下げる効果。墓地利用を多用するアンデット族デッキには嬉しい効果となっております。

定番としては《牛頭鬼》《馬頭鬼》を墓地へ送ることができます。

アンデット族としては環境を謳歌している【エルドリッチ】には流石にオーバーかもですが《死霊王 ドーハスーラ》を墓地へ送り込め、蘇生準備ができたり《グローアップ・ブルーム》を送れば上級以上のアンデットをサーチ可能。

《屍界のバンシー》だとフリーチェーンで《アンデットワールド》が発動可能に。基本的にアンデットストラクRに入ったカードと相性が良い印象ですねぇ(*’ω’*)

他にも《妖刀-不知火》ならば墓地から擬似シンクロの準備などにも、また【ワイト】デッキに投入してみても面白そうです。

ともあれアンデット族をデッキから墓地へ送る効果をEXデッキに用意できるのは種族的に考えても有用なのでアンデットに興味があれば考えてみるのも面白いかと思います。

コメント