サイドデッキ定番カードをメインから入れるという事

ちょっとの間イベントが再開されている頃にランキングデュエルに参加した事を思い返して考える所があったので今回はそこに関して。

お題はサイドデッキには定番のカードをメインデッキから投入する、という事です。

自分なりに考えましたがココはとても個人の好みも出てくる所なので参考までに。

スポンサーリンク

《ハーピィの羽根帚》が考察第一候補・環境にも左右される

ランキングデュエル参加で何度か食らったのはメインデッキ戦での《ハーピィの羽根帚》自分は【トライブリゲード】を握っていたのでフリーチェーンの《鉄獣の抗戦》など大痛手とはなりませんが抗戦で「シュライグ」などを召喚するタイミングを強制されてしまう感じでした。

当然相手フィールドに何も無い時に突然の羽根帚なので「シュライグ」で除外できるカードはナシ…メインから羽根帚というのも予想外でしたがやっぱり強いですねぇ。

シングルで使うフリーのデッキでは真っ先に採用していて頼りになっているのでやはりマッチ戦でもメイン羽根帚は全然アリですね。

ここはデッキの流行などメタ読み要素も出てきますのでマッチ戦構築において悩むポイントかもしれません。

他には《ライトニング・ストーム》これは完全に後攻デッキを組む際にメインから投入されるカードですね、マッチでは後攻になった時サイドインが基本となります、後攻デッキ用は身内戦だとバレちゃったりしますが(汗)

《ダイナレスラー・パンクラトプス》もサイド要員として多いですがシングルならメインから取りますし、やっぱりメインから入れてて強いです、たまに腐りますのでそこがサイド向けな要因ですかね。今じゃ制限カードなので引ける・引けないもありますが。

同じく制限になっている《レッド・リブート》なんかもワンショットキルを得意とするデッキではメインからも、って感じですね。

こういったカードはまだまだ有りそうです、シングル用に構築するとリスクを負ってでも入れたくなるカードは沢山ありますもんね。

コメント