『大会結果』非公認優勝【ダイノルフィア】《イタチの大暴発》も高騰

今回は大会で優勝した【ダイノルフィア】とそのデッキに関連するカード高騰の合わせてます。

いざ発売してみての【ダイノルフィア】ですがかなり尖った罠デッキですね…しかしこの堅牢さは発売前の予想以上と言えますね。

「恐竜」サポートも受けれるテーマなのも大きいかもですね。

極限まで罠に寄せる《天獄の王》が光る

デッキの過半数が罠カードと言うかなり罠に寄せた構築、各種「神の~」シリーズに加え制限カードである強力なメタカードの《王宮の勅命》《虚無空間》更に《魔封じの芳香》が採用されています。

これだけバックがあると怖いのがバック一掃、そこで活躍するのが《天獄の王》という訳ですね。

効果モンスター
星10/闇属性/岩石族/攻3000/守3000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札のこのカードを相手ターン終了時まで公開する。
この効果で公開し続けている間、フィールドにセットされたカードは効果では破壊されない。
(2):セットされた魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
手札で公開されている状態でこの効果を発動した場合、さらにデッキから魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
そのカードは次のターンのエンドフェイズに除外される。

過半数が罠なのでセットカードを守ってくれるこのカードとの相性の良さはピカイチ、打点要員にもなってくれる上にデッキから魔法・罠をセットとアドバンテージをもたらしてくれます。

《ハーピィの羽根帚》は《神の宣告》などで守れる部分もありますが出来れば相手の厄介なモンスターを止めたいという本音もありますしねぇ。

《儚無みずき》も目を引きますがSNS上で優勝者さんが入れない方が良かった、との事です。

EXデッキにはテーマ融合モンスターと各種ランク4エクシーズに「アーゼウス」となっていますね。

《イタチの大暴発》が高騰・確かに相性がバツグン

通常罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスターの攻撃力の合計が自分のLPよりも高い場合に発動できる。
相手フィールドの表側表示モンスターの攻撃力の合計が、自分のLP以下の数値となるように、
相手は自身のフィールドの表側表示モンスターを選んで持ち主のデッキに戻さなければならない。

自分LP以下になるように相手にデッキバウンスを要求。ライフを投げ捨てるこのデッキでは非常に相性が良い1枚、相手のみオールデッキバウンスも夢ではありませんね。

対象を取らず、相手に強要する効果なので「効果を受けない」いわゆる完全耐性でも5枚以上素材の「ロンゴミアント」すら吹き飛ばします。

今は1枚200~300円くらいですね、収録は2015年4月の『クラッシュ・オブ・リベリオン』でのノーレアのみとなっており再録はありません。

コメント