PR

《天魔の聲選姫》などヴァルモニカ新規「レガシー・オブ・デストラクション」収録

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

《天魔の聲選姫》(セレトリーチェ・ヴァルモニカ)

セレトリーチェ・ヴァルモニカ

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1200/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・P召喚した場合に発動できる。
デッキから「天魔の聲選姫」以外の「ヴァルモニカ」カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドに「天魔の聲選姫」以外のモンスターが存在する限り、相手モンスターはこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分のPゾーンに「ヴァルモニカ」カードが2枚存在していれば発動できる。
このカードを手札に加える。

ヴァルモニカの新規モンスター展開時サーチと扱いやすい性能

サーチ効果と分かりやすく使い勝手の良さそうな性能、また自身以外のモンスターが居ると攻撃されなくなる防御効果、墓地へ送られると自己回収とデッキに粘りをもたせる事ができそうですね。

《天魔の聲選器-『ヴァルモニカ』》

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ヴァルモニカ」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分のPゾーンのカードに響鳴カウンターが置かれ、そのカードの響鳴カウンターの数が3つになった場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できない。

響鳴カウンターを使用するフィールド魔法

このカードも発動時処理としてサーチ効果、新規2種がサーチなのはペンデュラムテーマだと尚ありがたいですね。

響鳴カウンターが3つになった場合にコントロール奪取をする事ができます、攻撃宣言ができませんが素材化などに使うと良さげ。

響鳴カウンターは「3つになった場合」のみで4つ目では発動できない点に注意。

《ヴァルモニカ・ディサルモニア》

ヴァルモニカディサルモニア

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):響鳴カウンターを置く事ができる自分のPゾーンのカード1枚に響鳴カウンターを1つ置く。
その後、以下の効果から1つを選んで適用する。
●自分は500LP回復する。
その後、「ヴァルモニカ・ディサルモニア」以外の自分の除外状態の「ヴァルモニカ」カード1枚を手札に加える事ができる。
●自分は500ダメージを受ける。
その後、「ヴァルモニカ・ディサルモニア」以外の自分の墓地の「ヴァルモニカ」カード1枚を手札に加える事ができる。

響鳴カウンターを置いて効果を選択

響鳴カウンターを置くことが出来る通常魔法、その後にテーマの動きであるライフゲインもしくはバーンを受ける事ができ、響鳴カウンターを2個稼ぐ事ができます。

こちらは除外から回収、墓地から回収と選べる効果になっています。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

サーチ&サルベージ新規によりデッキの継戦能力がアップしますね。

コメント