PR

《騎士皇アークシーラ》などセンチュリオンに新規登場「レガシー・オブ・デストラクション」

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

《騎士皇アークシーラ》

レベル12シンクロモンスター・サーチと耐性付与

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「センチュリオン」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の魔法&罠ゾーンの表側表示カードは効果では破壊されない。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
Sモンスター以外の自分の墓地・除外状態の「センチュリオン」モンスター1体を永続罠カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く

レベル12のシンクロモンスターで闇属性・ドラゴン族と聞くと禁止になった「ベリアル」を思い出しますね…

その穴を埋めるかの様に登場の新規カード、流石に「ベリアル」ほどの制圧性能はありませんが、サーチと表側の魔法・罠ゾーンのカードに破壊耐性付与、エンドフェイズに永続罠としてセンチュリオンを置けるとテーマの動きをするには十二分な効果が与えられています。

「ベリアル」が点で攻めるカードだったならばこちらは面で攻めれるカードとなっています。

《竜騎兵ガーゴイルII》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守3000
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の「センチュリオン」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
このターン、自分は「竜騎兵ガーゴイルII」を特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札に加える。
(3):このカードが永続罠カード扱いの場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを4つ下げる事ができる。

レベル8の闇属性・ドラゴン族となる最上級モンスター

レベル8なのでレベル4チューナーとで「アークシーラ」「レガ―ティア」を組めるレベル。

自己特殊召喚も容易で表側ならモンスター以外を墓地へ送るのも可能。

シンクロ素材になれば自己回収ができ、妨害されない限り使い続けれるリソースとなってくれます。

また永続罠になっていればレベルを4にして特殊召喚でき多用途なモンスターとなっています。

《ウェイクアップ・センチュリオン!》

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の魔法&罠ゾーンに表側表示でモンスターカードが存在する場合、4か8のレベルを宣言して発動できる。
宣言したレベルを持つ「センチュリオントークン」(炎族・闇・攻/守0)1体を自分フィールドに特殊召喚する。
このトークンは融合・L素材にできない。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ウェイクアップ・センチュリオン!」以外の「センチュリオン」カード1枚を墓地へ送る。

宣言したレベルのトークンを特殊召喚

4か8の選んだレベルのトークンを展開、融合とリンク素材にはできませんが、これはメリットとも「クルヌギアス」のリンク素材、「超融合」で吸い込まれずとなりますからねぇ。

墓地除外によりセンチュリオンカードを墓地へ送れるので永続罠として置きたいカードなどをしっかりと送り込みたいですね。

コメント