PR

CS優勝ライトロード・新規プラス《エアロ・シャーク》ワンキルギミック採用

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

《潜航母艦エアロ・シャーク》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/魚族/攻1900/守1000
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
ゲームから除外されている自分のモンスターの数×100ポイントダメージを相手ライフに与える。

シンプルな効果を持つランク3の魚族エクシーズモンスター、2011年の「ジェネレーション・フォース」で登場し《リバイス・ドラゴン》と同期のアニメ遊戯王ゼアルの凌牙が使ったカード。

除外されているモンスターの数に応じたバーンダメージ

効果はシンプルに除外されているモンスターの数✕100のバーンダメージ、勘のいい人ならこういったカードが採用されるならば…そう、ひたすら除外を溜め込んでシュートするワンキルが可能となっているのです。

採用された【ライトロード】でCSでの優勝もしていますね。

墓地を肥やして「シラユキ」で除外しまくる

まず各種ライトロードのギミックで墓地を肥やしまくります、そしたら「シラユキ」も落ちてくれるので墓地から7枚除外して特殊召喚、これにターン1が付いていないので物凄い勢いで除外が増えていきます。

そこからレベル3である「ライトロード」「トワイライトロード」の「ルミナス」を素材と展開の軸とします。

《神聖魔皇后セレーネ》がリンクモンスターの肝

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/下/右下】
魔法使い族モンスターを含むモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
(2):フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

ルミナスを蘇生できるリンクモンスター、そこからまたデッキが回りだします、ルミナスに名称ターン1が付いていませんからね。

特殊召喚したシラユキを再び墓地へ送りながら盤面を築いていきます、準備が整ったならば「エアロ・シャーク」を2体ほど召喚し、発射となります。

ただこれだけではダメージが足りません。

使い回すギミックの登場

《剣神官ムドラ》《宿神像ケルドウ》といった墓地肥やしではなくデッキ修復効果を持つ「イシズ」パーツを使い、「エアロ・シャーク」を回収していきます、そしてそこからもう1度エアロ・シャークを展開してGGに持っていきます。

展開のキーとなるセレーネも一緒に回収ですね、これらのセット回収でぐるぐるしていきます。

メインデッキに不純物が少ない勝ちプラン

このワンキルギミックの強みはなんといってもデッキの不純物の少なさでしょう、ライロにとって「ルミナス」はそもそも必須パーツ、それ以外はEXデッキに「エアロ・シャーク」と「セレーネ」とメインデッキの「アギド」「ケルドウ」とコンボをする為だけの不純物が少ないのが魅力です。

EXデッキのエアロ・シャーク自体が専用パーツっぽさがありますが、ワンキルできなかった場合でもダメージレースの〆に使えそうですからね。

「セレーネ」は元々相性が良く、アギド、ケルドウも上手く使えるテーマ…OTKは色々な方法を見てきましたがここまでデッキに無理をしないで持っていけるのは中々見ないですね。

また今回のこのコンボ、新規が絡んでないんですよね、旧来からあるコンボなのですがライロ新規達によって墓地肥やしなどの安定性が高まったので相対的に強くなったシステムと言えるでしょう。

コンボはやはり再現性の高さってのが非常に重要ですからね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

コンボできなくても腐るカード少なすぎるので普通のライロとして立ち回れるのが強みですね。不純物の無いコンボは勝ち筋が増えて事故らない美味しい話ってヤツですな。

コメント