PR

遊戯王23/4環境・【クシャトリラ】優勝デッキレシピまとめ

記事内に広告が含まれています。

2023/4/1環境での大会結果・デッキレシピ。

規制強化がなかった【クシャトリラ】やはりまだまだいけるようですね。

独特の戦術や「フェンリル」というパワーカードをガッツリ使っていける強みがありますねぇ。

スポンサーリンク

2023/4/9・第185回太陽CS優勝

クシャトリラ・アライズハート
https://twitter.com/duelsalon_taiyo/status/1645050817542754304

基本に忠実な形、かなり研究が進み完成度も上がっている証明でもありますね。

「壊獣」からは《粘糸壊獣クモグス》が採用されています、レベル7なので《クシャトリラ・バース》からレベル7モンスターの展開としても扱う事ができ、攻撃力もガメシエルに次いで低い数値となっています。

《クシャトリラ・バース》

永続魔法
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分はレベル7モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、Xモンスター以外の「クシャトリラ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):相手が魔法カードの効果を発動した場合に、自分フィールドに「クシャトリラ」モンスターが存在していれば、相手の墓地のカード3枚を対象として発動できる。
そのカードを裏側表示で除外する。

召喚権が余る事もあり全力で制限カードのフィールド魔法である《六世壊=パライゾス》にアクセスしたいのでフィールド魔法サーチモンスターである《惑星探査車》が投入されています。

ドローソースは《強欲で金満な壺》《金満で謙虚な壺》とダブル体制で入っており畳み込める様にアドを稼げるようになっています、EXデッキを飛ばすので各種主要EXモンスターは3枚積み。

サイドデッキには《次元障壁》《ドロール&ロックバード》《拮抗勝負》と現在の環境でとても重宝されているカード達ですね。

2023/4/9 2iWO CS【遊戯王 Solo Cup】優勝

https://twitter.com/2iwoCS/status/1645043818562224129?s=20

各種強力な3つのモード選べる《三戦の才》を採用、罠からは《無限泡影》が3積みされています。

壊獣から「クモグス」はサイドデッキプラン。

コメント