PR

《樹冠の甲帝ベアグラム》考察|昆虫族・植物族を跨ぐ全体除去効果モンスター

記事内に広告が含まれています。

「フォトン・ハイパーノヴァ」で登場、ホログラフィックレアの枠となるカード《樹冠の甲帝ベアグラム》

昆虫族・植物族両方の種族に対応した大型モンスターとなっています。

スポンサーリンク

墓地からも特殊召喚でき高い攻撃力も魅力

樹冠の甲帝ベアグラム

《樹冠の甲帝ベアグラム》

特殊召喚・効果モンスター
星9/地属性/昆虫族/攻3400/守2800
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・墓地の昆虫族・植物族モンスター3体を除外した場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
自分は「樹冠の甲帝ベアグラム」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の魔法・罠カードの効果の発動に対して、相手はモンスターの効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
昆虫族・植物族モンスター以外のフィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。
このターン、このカードは直接攻撃できない。

レベル9の特殊召喚モンスターの昆虫族、攻撃力3400と高い打点が魅力。

特殊召喚方法は手札・墓地から昆虫族・植物族3体を除外して手札・墓地から特殊召喚ができます。

墓地リソースを失うので墓地が重要なテーマだと上手く考えながら使用したい所ですね。

このカードをサーチできるのカードは《共振虫》が存在します、また墓地から出てこれるので《おろかな埋葬》などの墓地肥やしでもアクセスできます。

(1)の効果は魔法・罠に対して相手はモンスター効果をチェーンできません、これにより無効効果を持つ制圧モンスターが存在してても魔法・罠を通していく事ができます。

また手札誘発モンスターに対しても強気に押していけますね。

効果無効モンスターが居ても《サンダー・ボルト》などが通るので結構相手は悔しい思いをしそうですね。

このカードが除去効果を持っていますがモンスター効果でのチェーン不可は大きな強みとなってくれます、チェーン不可なのがこちらの魔法・罠というのも上手に使い分けれる様にデザインされていますね。

(2)の効果は昆虫族・植物族以外の表側モンスターを全て破壊する全体除去、基本的にこのカードを採用するデッキは昆虫族・植物族デッキだと思うので相手を一方的に破壊できる事が多いかと。

EXデッキからの汎用他種族は巻き込んじゃいますが発動タイミングと展開タイミングをズラせばケアが可能。

このターン「ベアグラム」はダイレクトアタックできなくなります、モンスターへは攻撃が可能なので効果破壊耐性などで生き残ったモンスターに攻撃する事はできますね。

コメント