【DD】素晴らしきかな《DDグリフォン》など新規・僕の展開放棄型でも元気

『バトル・オブ・カオス』で登場した《DDグリフォン》などの【DD】新規カード達。

私は頭の体操レベルの展開型はちと荷が重いのでもっぱら大雑把に回せる脳筋型の【DD】を組んでおります。

新規を投入しての感想などを綴っていきます。

偉大かな《DDグリフォン》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1200/守1200
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分のフィールド・墓地の「契約書」魔法・罠カードの種類×500アップする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)(3)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「DD」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがP召喚に成功した場合、手札から「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「DDグリフォン」以外の「DD」カード1枚を手札に加える。

優秀なPスケール・パンプアップ・自己特殊召喚・ルーティング・サーチをこなせるカード、書いていくと条件が色々ありますがとんでもなく多才なモンスターですねぇ。

特殊召喚条件も非常に緩く「ケプラー」と一緒にリンク2の「ビルガメス」にしたりレベル4なので各種素材として有用極まりないです。

P召喚でルーティング、これはP召喚する構築かどうかで頻度は変わります、私の脳筋構築では「ヘル・アーマゲドン」をP召喚する事を視野に入れているので狙うチャンスはあります、ただ墓地へ送って蘇生のサーチの方を狙いたいので墓地へ落としがちですね。

墓地へ落とすのは手札から「スワラル・スライム」で融合しちゃうのが手っ取り早いです。

サーチ先の「DD」カードはとても広範囲に及び、その状況次第で色々とサーチが可能、コントロール奪取罠である《DDDヘッドハント》で除去も視野に入りますね。

チューナーとして《DDゴースト》「バロネス」を狙え!

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 600/守 300
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の、「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または
「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
その同名カード1枚をデッキから墓地へ送る。
(2):このカードが除外された場合、除外されている自分のカードの中から、「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。

墓地肥やしと除外から墓地へ戻す効果。モンスター効果としてはハッキリ言うとそれほど目当てにはしていないです、といっても「ラミア」や「スライム」を墓地へ戻せるのは中々良いですけどね。

このカードがレベル2チューナーであるので採用している感じですね、各種レベル8の「ヘル・アーマゲドン」や「アビス・ラグナロク」とシンクロして《フルール・ド・バロネス》を狙いやすくする為にピン刺し投入しております。

悪魔族召喚縛りが付かない様にもしないとなので1度切りプランで良いかなと。

お手軽打点強化と受け取ってもいいかも「デス・マキナ」

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク10/闇属性/悪魔族/攻3000/守3000
【Pスケール:青10/赤10】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合、自分のフィールド・墓地のPモンスター1体を対象として発動できる。
もう片方の自分のPゾーンのカードを特殊召喚し、対象のPモンスターを自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
悪魔族レベル10モンスター×2
このカードは自分フィールドの「DDD」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):「DDD赦俿王デス・マキナ」は自分のモンスターゾーンに1体しか表側表示で存在できない。
(2):相手フィールドのモンスターカードが効果を発動した時に発動できる(同一チェーン上では1度まで)。
このカードのX素材を2つ取り除くか自分フィールドの「契約書」カード1枚を破壊し、その相手のカードをこのカードのX素材とする。
(3):自分スタンバイフェイズに発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

P効果のスケール入れ替えは便利ですね、パンプ持ちの「グリフォン」に張り替えて打点力マシマシですわ。

スケールに「ゼロゴッド・レイジ」があれば特殊召喚してそのまま強気に勝利をもぎ取りに行けることも、ただ「デス・マキナ」をスケールに置くのは即効性が無いのでちょっと大変。

モンスターとしては重ねて出すのがメインとなるカード、効果のコスト的にDDDエクシーズモンスターに重ねたい所、ターン1が無いので「シーザー」「テル」と重ねていくと4素材で2回分のコストを賄えます、相手からX素材にした分を含めると3回発動が可能。

重ねてエクシーズする事で「テムジン」などの蘇生効果トリガーを引く事もできます。

自身の攻撃力が3000あるのでビート能力を引き上げる事にも使えますね。効果を使った「アビス・ラグナロク」や「テムジン」をパワーに!

脳筋構築の星「ゼロゴッド・レイジ」

ペンデュラム・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
【Pスケール:青0/赤0】
このカード名の(1)(2)のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがPゾーンに存在し、自分が効果ダメージを受ける場合、そのダメージは0になる。
(2):このカードがPゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上の「DD」モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
【モンスター効果】
(1):このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
以下の効果から1つを選び、ターン終了時まで適用する。
●このカードは直接攻撃できる。
●相手は魔法&罠ゾーンのカードの効果を発動できない。
●相手は手札・墓地のカードの効果を発動できない。
(2):相手のLPが4000以下の場合、このカードの攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、相手のLPの数値分アップする。
(3):このカードは戦闘では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

主にP効果によるリリース帳消しで「ヘル・アーマゲドン」や「アビス・ラグナロク」をぶん投げるのが目的、モンスターとしては出ればフィニッシャーになり得る効果を持っていますが耐性が0なのでフリーチェーンでの妨害には細心の注意が必要。

特殊召喚しにくい部類のモンスターでしたが「デス・マキナ」によりハードルが非常に下がりました。

Pスケールが0なので「ケプラー」をもP召喚できるので私のP召喚を結構使う構築では重宝するカードですね。バーンダメージを0にしてくれるのも「契約書」で痛い思いをしなくて済むのが良いです。

「特許権」思ったよりクセ強め、サルベージは偉大

ィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「DDD」モンスターと同じ種類(融合・S・X・リンク)のモンスターを相手が特殊召喚した場合に発動できる。
相手に1000ダメージを与える。
このターン、このカードがフィールドに存在する間、相手はその特殊召喚したモンスターと同じ種類のモンスターを特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の墓地のモンスター及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、「DD」モンスター1体を選んで手札に加える。

新たな契約書、自身にバーンが飛んでこない契約書(1)の制圧は決まれば強烈そうですが私はフリー用かつ脳筋重視なので中々狙いを定められないのが正直な感想。

(2)のサルベージは扱いやすいです私の場合だと「コペルニクス」で墓地へ送って運用ですかな。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

管理人の攻撃力3000以上で殴り抜ける脳筋プランでもテムジンなど蘇生持ちDDD・DDが絡むと結構グルグル回りだします。じゃじゃ馬なデッキ好きな方に是非オススメしたいテーマ。

コメント