PR

「ターミナルワールド」楽しみなんだけど「封入率」どうなってるんだろうと考えてみる

記事内に広告が含まれています。

【氷結界】や【インフェルノイド】の新規情報も出て盛り上がり、期待もされている11月25日発売のパック「TERMINAL WORLD」再録も沢山されるのでこれだけである程度デッキパーツを集める事ができそうですね。

そこで気になるのが封入率…そこについて少し考えてみます。

スポンサーリンク

全145種類・目当てを引き込むのは大変そう

まずは基礎情報として商品概要について。

『遊戯王OCG デュエルモンスターズ
TERMINAL WORLD(仮)』
●発売日/2023年11月25日(土)
●メーカー/KONAMI
●価格/1パック5枚入り242円(税込)
    1BOX15パック入り
●券種/全145種+1種
ノーマル・・・145種

●『DUEL TERMINAL』の世界観のテーマにフィーチャーしたカードが大多数再収録し、デッキ構築が可能に!
●4つのテーマそれぞれに、新規カードと新規イラストVer.のカードを収録!
●1パックに1枚、スーパーレア以上のカードが出現!
●遊戯王カードゲーム25周年を記念した復刻版の「エクゾディア」がウルトラレア仕様で収録!

※ノーマルのうち12種にはクォーターセンチュリーシークレットレア仕様も存在
※ノーマルのうち24種にはウルトラレア仕様/ウルトラレアパラレル仕様/シークレットレア仕様/シークレットレアパラレル仕様も存在
※ノーマルのうち40種にはスーパーレア仕様/スーパーレアパラレル仕様/シークレットレア仕様/シークレットレアパラレル仕様も存在
※ノーマル全てにノーマルパラレル仕様も存在

1パック242円と少しお高め。

しかし1パックにスーパーレア以上は確定封入されているようですね。

1パックに5枚封入、1BOXに15パック入りなので定価での箱価格は3630円(税込)

カード種類は全145種+1(エクゾディア)となっているので1箱ではデッキパーツは中々揃わない感じでしょうかね。

1から組む場合はパックのみではかなり厳しいかなと思います、スーパーレア以上が確定しておりスーパーは40種類あるので新規はスーパー以上がありそう、あってくれ…という事である程度新規カードにターゲットを絞る事もできそうです。

現状新規カードはどれも「ウルトラレア」仕様での公表となっていますが、新規にもノーマル仕様はあるみたいなので新規カードのノーマル仕様がどれほど当たるか引けるかみたいな所はありそうです。

新規イラストがあったり高レアがあったり、これを見ると「セレクション5」の様に高レア・イラスト違いに注目が行く事になりそうです。

「セレクション5」の例で見るとウルトラレア1・シークレットレア1が基本となり、そこから上のレアリティになるとプリシクがカートンに約2枚・アルティメットがカートン約8枚となっています。

「セレクション5」をなぞるなら高レアは厳しそうにも思えますが、「ターミナルワールド」はレアリティもまた変わってきているのでこの辺り難しく予想がつきませんね。

ただボロボロ高レアが出るってのは最近の傾向的に可能性は薄いかもしれません。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

残る2テーマの椅子はどのデッキが座るか…そして第2弾の発売もありそうですね。

コメント