PR

『マスターデュエル』環境も煮詰まってきた【ドライトロン】が頭一つ抜けているか

記事内に広告が含まれています。

リリースから1ヶ月経っていないですが「マスターデュエル」の環境も大分解明されてきましたね。

やはりDCGは環境が固まるのが早いですな。

個人的にトップメタの中で頭一つ抜けているのはやはり【ドライトロン】かなと思っています、今回は「マスターデュエル」環境について軽く触っていこうと思います。

スポンサーリンク

弱点もあるが・通ると高い制圧能力

「マスターデュエル」で環境トップと言われると私は【ドライトロン天使軸】と答えますね。

《崇光なる宣告者》が通ってしまえばほぼ完封されてしまいます。

そこへ辿り着く為の安定性も高めなのがポイントです、弱点として特殊召喚やサーチが多いので《増殖するG》や《原始生命態ニビル》で多い特殊召喚を睨む事ができます。

サーチが多い部分は《ドロール&ロックバード》が有効打となってくれるので最近採用も増えつつありますね。

また《スキルドレイン》なども有効で上手に使う【エルドリッチ】などとしのぎをけずっている部分も感じ取れます。

ともあれ対策を考えないと厳しい勝負となるデッキですね。

おそらく最多勢力【エルドリッチ】

SNS上でもトレンド入りした【エルドリッチ】最多勢力かと思われます。

デッキの基礎部分がしっかりとしており「コンキスタドール」での破壊と「ワッケーロ」による墓地除外戦術が売り。

また各種「エルドリクシル」で数少ないモンスターかつエースである《黄金卿エルドリッチ》へのアクセスも簡単で安定感があります。

各種魔法・罠がデッキからセット効果を持っており絶えずリソースを供給され継戦能力が高いのも魅力。

また汎用永続罠から強力なメタカードである《スキルドレイン》や《御前試合》《王宮の勅命》を搭載できるのが強み。

テーマ純としては制圧効果を持たないのでそこを無理なく足していけますな。

弱点は《黄金卿エルドリッチ》が除外されてしまうと一気にマズくなる点ですね。

また最多勢力故に対策もされている事が多く《ライトニング・ストーム》などでバックを全て剥がされたりすると大打撃となります。

優等生的ポジション多角的な攻めができる【トライブリゲード】

「獣戦士・獣・鳥獣」と3種族を跨ぐテーマである【トライブリゲード】

対応力が高く、展開の選択肢も多いテーマで使い手次第で様々な盤面を築けます。

墓地をリソースにリンクモンスターを展開できるのが特徴、除外したモンスターは《鉄獣の抗戦》で墓地へ戻し再利用が可能です。

優等生デッキといった感じでしょうか「十二獣」や「LL」と混ぜた型が流行しています。

「シュライグ」による対象を取らない除外や《王神鳥シムルグ》からの《烈風の結界像》と質の高い除去と制圧面共に優れています。

「十二獣」「LL」型はエクシーズ召喚が得意となり「未来龍皇ホープ」や「アーゼウス」といった必殺カードを投入する事もできます。

コメント

  1. 匿名 より:

    今の環境ではドライトロンと言うかアルデクが最凶だよね先行うらら貫通6妨害決められたら除去カード(禁一雫・壊獣など)来ないとほとんど何も出来んよ。電脳界のVFDも同じだけどまだ罠・魔法使える分ましか、、、
    結局この盤面突破するには神宣とかの罠でチェーン組んで割るしかないからそれが出来るデッキがエルドリッチとか幻影騎士しか無いから結果としてエルドリッチがのさばる事になる

  2. 匿名 より:

    環境が強いのは当たり前^^こんなのドヤられても…^^;
    ドライトロンもエルドリッチもトライブリゲードもマイナーデッキでボコボコにしてやりましたが…www
    マイナーデッキ…例えば真竜みたいに永続のスキドレやエルドリッチに刺さるマクロコスモスでロックしつつ、有利対面になればそれらをリリースできるようなデッキも充分に渡りあえますね〜
    トライブリゲードは天敵の1つである。アンワ主体のアンデットデッキにどうたちまわれるか…。
    要はデッキの構築力と先行をとれるかの運的な要素…。
    そして後攻になったときに壊獣などの対応できる札を握っていられるか…。
    つまるところ遊戯王は先行をとれば限りなく勝ちに近い、運的な要素が重要なゲームだと思いますね〜