『遊戯王』様々なデッキに出張していく《烙印融合》|フュージョン・デステニー禁止発表から日も浅いけれど

《フュージョン・デステニー》が禁止される改訂発表があって間もないですが今度は《烙印融合》の出張が出てきましたね。

《フュージョン・デステニー》禁止なのにデッキ融合刷るのか…と流石に思っちゃいますね(汗)

まぁ、この辺は開発期間と改訂を決める時間などで色々あったのだと思う、そういう事にしておきましょう。

今の所「デスフェニ」程の出張率でもありませんね、これからは分かりませんが…

使うのは【ブラマジ】【青眼】【シャドール】【HERO】などなど

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):自分の手札・デッキ・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスター2体を墓地へ送り、「アルバスの落胤」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

制約は融合モンスターしか特殊召喚できなくなるものが設定されています、しかし「アナコンダ」で適用した場合には逃れる事ができます。

発動条件なども無く、とても扱いやすいデッキ融合ですねクセは《アルバスの落胤》素材の融合体専用くらいでしょうか。

それでも「落胤」使用の融合体はもう片方の素材が緩いので様々なカードをデッキから墓地へ送り込む事ができます。

出張として使われているデッキで目立つのは【ブラマジ】【HERO】【青眼】【シャドール】【サンダー・ドラゴン】といった融合を扱うテーマ達ですね。

手札からの発動でも制約に引っかかりにくいですからねぇ。

【HERO】の場合

【HERO】では《フュージョン・デステニー》の穴を埋め「ディボリックガイ」を墓地へ送る事ができますね。

「ルベリオン」をデッキ融合し、そのまま「ミラジェイド」を融合したり、手札次第ではHERO特権となった「デストロイフェニックスガイ」まで並べる事もできそうですね。

【青眼】の場合

【青眼】では《アルバスの落胤》がドラゴン族である事を上手く使えそうです。

《ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン》の融合素材が《青眼の白龍》+ドラゴン族なのでデッキの属性的に「アルビオン」をデッキ融合して効果により除外での墓地融合にて「落胤」か「アルビオン」+「青眼」で「タイラント」を展開する事ができます。

除外でリソースを失うのは少し怖いですが咄嗟の切り返しとしては強そうです。

【シャドール】の場合

【シャドール】では個人的にいいと思ったのが出張というより【烙印デスピア】+【シャドール】の混合デッキという形を取ったもの。

デッキ融合と言えばシャドール、相性も良く《烙印融合》による墓地送りで各シャドールモンスターの効果を発動していく事ができます。

先攻で「ミラジェイド」+「ミドラーシュ」を特殊召喚または各スペルスピード2の融合手段で構えるなどができますね。

少々融合要素過多になりますがその分EXデッキを紫色に染め上げれば《烙印融合》素撃ちも全然気にならなくなりそうです。

《ガーディアン・キマイラ》の採用も無理がなさそうです。

アドバンテージを稼ぐ能力がとても高いので楽しそうです、1回組んで回してみたいですねぇ。

コメント