『遊戯王』話題の《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》は禁止になるかどうか

先日公表された『アルバ・ストライク』に収録されるデッキ融合カード《烙印融合》その影響で《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》が許されるかどうか?と話が沢山ネット上で走りました。

私も発表当初は変なテンションになってヤバいヤバい状態でした(汗)

一旦落ち着いてから複数の目線で見ていこうと思います。

一番危険なのはやっぱり出てくるカード

今「アナコンダ」が暴れているのは言うまでもなく「デスフェニ」出張ギミックで利用されているからですねぇ。

今回の発端である《烙印融合》が「デスフェニ」を超えるかどうかは未知数、どちらかと言うとそこまではいかないかな?って感じです。

【烙印】がデッキとしてのパワーのランクが上がるのは間違い無いですが、環境で大暴れするかどうかは不明なラインですね【相剣】【幻影勇者】といった牙城を崩すのは難しいかもですな。

【烙印】としては《烙印融合》の融合特殊召喚縛りを無視できて手を伸ばしやすくなるのが1番の恩恵となりそうです。

どこを規制されるか

「アナコンダ」は許されて規制されるのは「デスフェニ」ギミックのパーツ、と言う声も聞きます、これも確かに一理ありますね。

と言うか「デスフェニ」の場合は《フュージョン・デステニー》素引きで強いので「アナコンダ」が禁止になってもどこかパーツを規制しない事には解決にはなりにくい気もしますね。

「ドラグーン」ギミック流行の時に規制されたのは「ドラグーン」本体でしたしねぇ。

こうなると「アナコンダ」許されるかもとも思えます、勿論両成敗される可能性はまだありますが。

融合デッキが幅広く恩恵を受けれて高額カードでもある「アナコンダ」を簡単に禁止にするかどうかは難しいラインです「ハリファイバー」の様に名誉制限で居てくれた方が全体で見るならば良いと思うの所もあるのですが。

しかし「ドラグーン」から2回目のやらかし…そろそろ際どいと感じる人が多いのも納得できます。

共通するポイントは出張性能

「ドラグーン」「デスフェニ」での事例をポイントにまとめてみましょう。

  • 最低限の採用枚数で出張性能が高い
  • デッキ融合
  • 融合先が1枚で完結していて強い

カードゲームにおいてお強い事ばかりですねぇ…そりゃ流行りますわ…

これらの引き金となる「デッキ融合」を「アナコンダ」で適用しちゃえるので安定して使用できる訳ですね。

また融合先が1枚で完結しているのでテーマシナジーなどを考えなくとも運用できるのが出張しやすいポイントですね。

そういう意味だと《烙印融合》は《アルバスの落胤》+素材で出張できますが、融合先がシナジー寄りなのを見ると出張には向かないかも?

素材の緩さから墓地肥やしと言う目線でみるととても強そうなのですが。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

デッキ融合や強力な融合魔法が出る度にアナコンダは話題になるかなって感じですかねぇ。

コメント

  1. 匿名 より:

    アナコンダ禁止でスコーピオ準制限が理想ですかね?

  2. 匿名 より:

    D-HEROが強化された事でフューデス規制入って結果として強化前より弱体化するルドラの二の舞だけは勘弁してくれ
    ARCVマジ許さんからな

    • ドラゴン隊長ドラゴン隊長 より:

      デスフェニの登場以降大震撼で不安ですよね…
      僕もHERO全部好きなのでD-HEROにとっていい方向に転がってほしいです。