【HERO】に遊び心を・楽しい《フェイバリット・ヒーロー》《ジェネレーション・ネクスト》

今回は【HERO】デッキについて。一時期は強さを目指す構築ばかりしていたのですが、ファン・カジュアルに寄せてみようと思い立ったのでそこで構築のピースとなるカード達をご紹介。

『デュエリストパック』にて登場した《フェイバリット・ヒーロー》と《ジェネレーション・ネクスト》を利用しようと思っています。

どちらも【HERO】を後押ししてくれる良カードなので触ってみたいという好奇心も強いです(*’ω’*)

あとイラストも凄くHEROらしくていいですね(´∀`*)

スポンサーリンク

高レベル「HERO」にパワーと耐性を与える

《フェイバリット・ヒーロー》

装備魔法
レベル5以上の「HERO」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールドゾーンにカードが存在する場合、装備モンスターは、攻撃力が元々の守備力分アップし、相手の効果の対象にならない。
(2):自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。
自分の手札・デッキからフィールド魔法カード1枚を選んで発動する。
(3):装備モンスターの攻撃で相手モンスターを破壊した時、このカードを墓地へ送って発動できる。
その攻撃モンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。

レベル5以上の「HERO」に装備できるカード。

装備したモンスターは元々の守備力分攻撃力が上昇し、相手の効果対象にならない耐性を付与。

戦闘破壊されない「カミカゼ」に付けると対象耐性&4600打点になり、相手を戦闘破壊すると1ドローと楽しそうです(*’ω’*)

カード名通り自分の大好きな「HERO」に装備させるのもヨシヨシ。

(2)はお互いのバトルフェイズ開始時に手札・デッキからフィールド魔法を発動。発動するフィールド魔法としては「イービル」を採用しているなら《覇王城》があり、《融合再生機構》を張ればアドバンテージ獲得へ繋げる事ができます。

《融合再生機構》
フィールド魔法
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。
(2):自分・相手のエンドフェイズに、このターン融合召喚に使用した自分の墓地の融合素材モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

(3)の効果は相手モンスターを戦闘破壊するとこのカードを墓地へ送りもう1度攻撃可能に。主にフィニッシュやどうしても破壊しておきたいモンスターが居る時に発動することになりそうです。

条件を満たせばサーチ・リクルート・サルベージ・蘇生

《ジェネレーション・ネクスト》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。
お互いのLPの差の数値以下の攻撃力を持つ、「E・HERO」モンスター、「クリボー」モンスター、「N(ネオスペーシアン)」モンスターの内、いずれか1体を自分のデッキ・墓地から選び、手札に加えるか特殊召喚する。
このターン、自分はそのカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

相手よりLPが少なく、LP差以下の打点を持つ「E・HERO」などなどが効果範囲。他の各種「HERO」が範囲外ですが流石にですね(;・∀・)

LP差については《ヒーロー・アライブ》を発動すれば序盤から大きなライフ差が付くのが【HERO】の宿命…「アライブ」からこのカードで盤面を整えるかサーチして暖めておくかはその場次第での判断になりそうですね。

基本このカードで触ったカードと同名カードは効果発動ができないので要注意。結構プレイングや選択が要求されそうで難しそうです。ただ上手く使えると継戦能力や盤面の立て直しなどが出来そうなので是非使いこなしたいカード( ・`д・´)

まだまだ【HERO】は可能性にみちているので楽しめそうですよー!(*’ω’*)

コメント