PR

2024/1環境【粛声】優勝デッキレシピまとめ

記事内に広告が含まれています。

当たり前な話ですが2024年と同時にスタートした24/1環境、【炎王スネークアイ】がとても多い環境となっていますが、その次を追う形となっているテーマの1つである【粛声】の優勝デッキレシピ集となります。

1月でのレギュラーパックでは新規カード達が投入されるのでその後の進化にも注目が集まる所ですね。

スポンサーリンク

【粛声】のデッキについて簡単な解説

制圧効果を持ち高い攻撃力となるエースモンスター「ローガーディアン」

粛声なる守護者ローガーディアン

儀式・効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2050/守2500
「粛声なる祈り」により降臨
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚した場合に発動できる。
デッキから「粛声」モンスターまたは戦士族・ドラゴン族の儀式モンスター1体を手札に加える。
(2):自分のフィールドか墓地に「粛声の祈り手ロー」が存在する限り、このカードの攻撃力は2050アップする。
(3):自分フィールドに「粛声の祈り手ロー」が存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

《粛声の祈り手ロー》を参照して攻撃力を倍の4100まで引き上げつつ万能効果無効を持つエース。

このカードを立てるのがまず分かりやすい目標、儀式召喚なので《増殖するG》に対する受けが強いのも魅力。

儀式召喚時にサーチ効果があるので後続も引っ張ってこれます。

《粛声の祈り手ロー》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 50/守2050
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「粛声」永続魔法・永続罠カード1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
(2):戦士族・ドラゴン族で光属性の儀式モンスター1体を儀式召喚する場合、このカード1枚で儀式召喚に必要な分のリリースとして使用できる。
(3):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドに戦士族・ドラゴン族で光属性の儀式モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

「粛声」永続魔法・永続罠をデッキから置く事ができ、儀式リリースを1体で賄う事ができるカード、また儀式モンスターの特殊召喚に反応して自己蘇生できる自己完結っぷり。

「儀式召喚」ではなく「特殊召喚」なので儀式魔法以外からの方法でも反応、とにかくキーカードなので除外の的になりやすくケアしたい所、手段としては《トリアス・ヒエラルキア》が多く見受けられます。

他のカード達

《粛声の竜賢聖サウラヴィス》は緩い条件で特殊召喚でき、自身をセルフバウンスする事でデッキから儀式モンスターを特殊召喚できます《古聖戴サウラヴィス》による召喚無効の構えが強力。

《粛声の竜賢姫サフィラ》は手札から捨ててサーチ・サルベージを行いながら自身を墓地除外する事でモンスター効果による儀式召喚が可能。

優勝デッキレシピ・マッチ戦

2024/1/3 おさかなCS優勝

X

コメント