『遊戯王OCG』【セリオンズ】相性の良いカード・初動カード達が優秀だ

スポンサーリンク

今回も『ディメンション・フォース』からのカードをフィーチャー。

今絶賛人気な【セリオンズ】についてです。発売直後から環境入賞しまくり!って訳にはいきませんでしたが、やっぱり扱いやすそう・面白そうってのが大きいですかねぇ。

【ジェネレイド】感を少なからず感じるのは私だけでしょうか…

スポンサーリンク

汎用初動5枚体制だ!余る召喚権の使い道かつシナジーもあって優秀すぎる

【セリオンズ】を組むならば欲しい所であるカードがとりあえず2種あります。

初動を大きく助けてくれるカードなので是非とも採用したい所ですな。

それらが《惑星探査車》と《ローンファイア・ブロッサム》です。

《ローンファイア・ブロッサム》は準制限カードなので2枚になり、計5枚の初動札となります。

《惑星探査車》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1000/守1000
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

リリースしてフィールド魔法をサーチするシンプルな下級モンスター。

サーチするのはもちろん《円盤闘技場セリオンズ・リング》そして「セリオンズ・リング」から「キングレギュラス」をサーチすれば墓地に機械族である《惑星探査車》が落ちているので装備して特殊召喚が可能となります。

《惑星探査車》がリリースして発動なので着地に効果無効を浴びてサーチが不可能になってもリリースは可能なので墓地へ送り込み、初手に「キングレギュラス」や「セリオンズ・リング」を既に握っていればニヤリとできます。

上手くできているシステムだ…

《ローンファイア・ブロッサム》

効果モンスター
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

こちらはリリースしての植物族リクルート、リリースして発動の旨味は《惑星探査車》と同じですね。

リクルートするのは《セリオンズ“リリー”ボレア》「セリオンズ」魔法・罠をサーチできるので「セリオンズ・リング」とは相互サーチの関係になっています。

サーチした「セリオンズ・リング」からサーチを行い盤面を固めるも良しですね。

「リリーボレア」の手札コストで「セリオンズ」モンスターを墓地へ送っておけば「キングレギュラス」など「セリオンズ」モンスターを横に並べれます。

《薔薇の聖騎士》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 200
「薔薇の聖騎士」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキから植物族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル7以上の植物族モンスター1体を手札に加える。

初動を更に増やせるカード、収録は『プレミアムパック17』

手札から墓地へ送り最上級の植物族モンスターをサーチ「リリーボレア」をサーチする事ができます。

本人は戦士族なので対応する「セリオンズ」は「ブルズアイン」となっております。

積みすぎるとデッキからすぐに「リリーボレア」が居なくなて手札に来すぎてしまいノイズ化する可能性も、枚数要検討かと。

《光の王 マルデル》

効果モンスター
星9/光属性/植物族/攻2400/守2400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「光の王 マルデル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

【ジェネレイド】から植物族をサーチできるモンスター。

展開方法はもっぱら《ローンファイア・ブロッサム》になるかと。

「リリーボレア」をサーチする事で「ロンファ」経由なら横並びが可能となりダメージ増加を狙ったりリンク召喚に頼りたい場面で有効。

ただし手札に来ちゃうなどちょっぴり事故率がアップします、そういう時の為に《禁じられた一滴》などを採用してコストにする作戦が丸そうですね。

良質な手札交換で墓地と手札を潤沢に

《トレード・イン》

通常魔法
(1):手札からレベル8モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

基本的にレベル8軸な【セリオンズ】と相性の良い手札交換、墓地リソースが無いといけないのでとてもよく合います。

テーマ用の類似カードとして《セリオンズ・チャージ》がありますがそれでも足らないと思う方は採用を検討してみると良さそうです。

《手札抹殺》

通常魔法
(1):手札があるプレイヤーは、その手札を全て捨てる。
その後、それぞれ自身が捨てた枚数分デッキからドローする。

もっと強引に大胆に行きたい方向け、基本手札がマイナス1になり相手のデッキ次第では友情コンボが成立するリスクを負いますが流石制限カードな強烈さがあります。

【セリオンズ】はテーマ専用魔法・罠で枠を大きく取るので少ない枚数で自分のやりたい事をガシガシ通したいならば採用を検討する価値アリ。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

最上級だらけで事故り倒しそうに見えてサポーターがすごく手厚いテーマですね。

それでも最上級テーマは事故る時は事故るのでそこは仕方なしですな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テーマ
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    薔薇の聖戦士は…戦士族なんすよ…!