【ラビュリンス】罠にまつわる効果多数|遊戯王タクティカル・マスターズ

スポンサーリンク

来週に発売を控えている『デッキビルドパック タクティカル・マスターズ』から詳細が未判明だった最後のテーマ【ラビュリンス】のカード達が公開されました。

やはり罠に関するテーマですね、ただガッチガチに罠だらけと言う訳でもなさそうです。

イラストと名前的にクノッソス宮殿のミノタウロス要素に加えRPGのゲーム的なイラスト感もありますね。

『タクティカル・マスターズ』は全テーマにゲーム要素が盛り込まれてますねぇ。

スポンサーリンク

《白銀の城のラビュリンス》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守1900
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の通常罠カードの発動に対して、相手はモンスターの効果を発動できない。
(2):自分の墓地の通常罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードは、自分フィールドに悪魔族モンスターが存在しない場合に発動できない。
(3):自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
相手の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊する(手札からはランダムに選ぶ)。

エースとなるであろう看板モンスター。

通常罠に対してモンスター効果でのチェーンが不可能に、モンスター効果のみなので過信は禁物ですが安心度が高まりますね。

墓地から通常罠をセットし再利用出来る効果、悪魔族が存在しないと発動できなくなりますのでモンスターゾーンの盤面に注意したい所、セットしたカードは離れたら除外などのデメリットが無いのが魅力的ですな。

自分の罠でモンスターがフィールドから離れると手札・フィールドから1枚対象を取らない破壊、ハンデスか盤面と両面から攻めれるので頼りになりそうです。

自己特殊召喚はできないので他のカードでのサポートが必要。

《白銀の城の火吹炉》

効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「ラビュリンス」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

自身と手札をコストに「ラビュリンス」魔法・罠を手札・デッキからセット、アド損もあって基本デッキからセットしたいですね。

誘発即時効果なのが有り難いです。

罠によりモンスターがフィールドから離れると自己蘇生する事ができます、緩い条件での自己蘇生なので(1)の効果を複数回使っていきたい所でしょうか。

《白銀の城の竜飾灯》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1500/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「ラビュリンス」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

《白銀の城の火吹炉》と類似効果、あちらは自己蘇生ですがこちらはサルベージとなっています。

《白銀の城の狂時計》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
このターン、自分フィールドに「ラビュリンス」モンスターが存在する場合、自分は通常罠カード1枚をセットしたターンでも発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、「白銀の城の狂時計」以外の「ラビュリンス」カードの効果または通常罠カードを自分が発動するために、手札のカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札に加えるか特殊召喚する。

「ラビュリンス」モンスターが居れば手札から捨てると通常罠をセットしたターンでも発動が可能に、こちらも誘発即時効果となっていますので再セットなどの効果と相性が良さそうです。

手札コストに反応して自己蘇生かサルベージ、アド損になりやすい手札コストの損失を抑えてくれる効果ですね。

《白銀の城の召使い アリアンナ》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1600/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「白銀の城の召使い アリアンナ」以外の「ラビュリンス」カード1枚を手札に加える。
(2):自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、以下の効果を適用できる。
●手札から、悪魔族モンスター1体を特殊召喚するか、魔法・罠カード1枚をセットする。

扱いやすいサーチ効果を持つモンスター、これはスーパーレアの予感がします。

罠によりモンスターがフィールドから離れると1ドローし手札から悪魔族を特殊召喚or魔法・罠をセット。

エースである《白銀の城のラビュリンス》も展開できますねぇ、強くない?ただ効果は1ターンにいずれか1つですね流石に…

《白銀の城の魔神像》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2000/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):罠カードが発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
攻撃宣言時にのみカードの効果が発動できる通常罠カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
(3):このカードの攻撃力は自分の墓地の通常罠カードの種類×400アップし、相手は「白銀の城の魔神像」以外の悪魔族モンスターを攻撃対象に選択できない。

最上級モンスターですが罠カードの発動に反応して自己特殊召喚できるので展開は簡単そうです。

攻撃宣言時の罠をデッキからセットする効果、かなり尖っていますねぇ、しかし見えてる攻撃反応罠はそれはそれで結構ヤラシイので侮れません。

自身がパンプアップする効果と自身以外の悪魔族を攻撃対象にできなくなる効果、上昇率は400と高めです。

《白銀の迷宮城》

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):セットされた「ウェルカム・ラビュリンス」通常罠カードを自分が発動した場合、その効果に以下の効果を加える事ができる。
●フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):自分が「ラビュリンス」カード以外の通常罠カードを発動した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

カテゴリ罠である「ウェルカム・ラビュリンス」罠にボーナス効果を加える事ができるフィールド魔法。

追加効果はフィールドのカードに対象を取らない破壊と除去能力をアップさせる効果。

また「ラビュリンス」以外の通常罠に反応して悪魔族を手札から展開するか蘇生する事ができます。

悪魔族という範囲の広さが色々出来そうですね。

《ラビュリンス・セッティング》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「ラビュリンス・セッティング」以外の「ラビュリンス」魔法・罠カード2枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
さらに、自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、戻した数だけデッキから「ラビュリンス」カード以外の通常罠カードを選んで自分フィールドにセットできる(同名カードは1枚まで)。

「ラビュリンス」魔法・罠をデッキに戻すデッキ修復する速攻魔法、これだけだと物足りませんが悪魔族が存在すれば戻した枚数分デッキからセットと強烈な効果になります。

《ウェルカム・ラビュリンス》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ラビュリンス」モンスター1体を特殊召喚する。
このカードの発動後、次のターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしかデッキ・EXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分の通常罠カードの効果でモンスターがフィールドから離れた場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

「ラビュリンス」モンスターをリクルートする罠、展開の要となりそうです。

デッキ・EXデッキから悪魔族のみの縛りが次のターン終了時までと長めに発生します。

(2)の効果の再セットによりモンスターを絶やさず供給したい所ですね《白銀の迷宮城》による破壊効果付与でモンスターを破壊すれば即再セットできそうできるかな?

《フェアーウェルカム・ラビュリンス》

通常罠
(1):自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、自分または相手モンスターの攻撃宣言時に、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その攻撃を無効にし、対象のカードを破壊する。
その後、手札・デッキから「ラビュリンス」カード以外の通常罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。

攻撃宣言時に発動できる罠「ウェルカム・ラビュリンス」に属しますね。《白銀の城の魔神像》にも対応。

攻撃を無効にして対象のカードを1枚破壊、その後の処理として手札・デッキから「ラビュリンス」以外の通常罠をセット、この汎用系のチョイスは好みやセンスが出そうですね。

《ラビュリンス・バラージュ》

通常罠
(1):「ラビュリンス・バラージュ」以外のセットされた通常罠カードを自分が発動した時に発動できる。
このカードの効果は、その通常罠カード発動時の効果と同じになる。
このカードの発動後、次の相手ターンの終了時まで自分の効果で発生する相手への効果ダメージは0になる。

自分の通常罠カードに反応して効果をコピー対応範囲が通常罠とかなりの広範囲なのでこれまた色々利用できそうです。

《悪魔の技》※非「ラビュリンス」カード新規

通常罠
(1):自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、デッキから悪魔族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

新規カードですが【ラビュリンス】テーマに分類されないカード。

フィールドのカードに対象を取る破壊と悪魔族をデッキから墓地へ送る効果。【ラビュリンス】でも非常に使い勝手が良い1枚となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    フィールド魔法が重要なタイプのテーマ