PR

【ヴァルモニカ】収録カード公開「ヴァリアント・スマッシャーズ」条件はあるが破格なリンク1モンスター

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

《天使の聲》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1200/守2100
【Pスケール:青3/赤3】
(1):もう片方の自分のPゾーンに悪魔族モンスターカードが存在する限り、自分のLPが回復する度に、このカードに響鳴カウンターを1つ置く。
(2):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
「ヴァルモニカ」Lモンスター1体のL召喚を行う。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、手札から他のカード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「悪魔の聲」1体を選び、このカードとそのカードを自分のPゾーンに置く。
(2):このカードが召喚・特殊召喚したターンの自分メインフェイズに、自分の墓地から「ヴァルモニカ」通常魔法・通常罠カード1枚を除外して発動できる。
その魔法・罠カード発動時のLPを回復する方の効果を適用する。

P効果はもう片方が悪魔族ならばLP回復に合わせてカウンターを置く効果、また相手の攻撃宣言時に「ヴァルモニカ」リンクモンスターをリンク召喚。

「ヴァルモニカ」リンクモンスターは破壊身代わりや除去を持っているので相手の攻撃を鈍らせる事も可能。

モンスター効果は手札から他のカードを捨てれば《悪魔の聲》をデッキからPゾーンに設置できます。

自身が展開されたターンのメインフェイズに墓地の「ヴァルモニカ」通常魔法・罠カードのライフゲインする方の効果を適用できます。

《悪魔の聲》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/悪魔族/攻1200/守2100
【Pスケール:青5/赤5】
(1):もう片方の自分のPゾーンに天使族モンスターカードが存在する限り、自分が効果ダメージを受ける度に、このカードに響鳴カウンターを1つ置く。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分フィールドの響鳴カウンターの数×100ダウンする。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、手札から他のカード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「天使の聲」1体を選び、このカードとそのカードを自分のPゾーンに置く。
(2):このカードが召喚・特殊召喚したターンの自分メインフェイズに、自分の墓地から「ヴァルモニカ」通常魔法・通常罠カード1枚を除外して発動できる。
その魔法・罠カード発動時のダメージを受ける方の効果を適用する。

《天使の聲》の対となるカード、こちらは効果ダメージを受ける事でカウンターを置きます、カウンター分の相手モンスターの攻撃力を下げれるので大量に置ければ戦闘を有利に進める事が可能。

モンスター効果は《天使の聲》の対となっている効果、通常魔法・罠を墓地から除外しダメージを受ける方の効果適用、《天使の聲》をデッキからPゾーンに置く事ができます。

《ヴァルモニカの異神-ジュラルメ》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/天使族/攻2500
【リンクマーカー:左下】
効果モンスター1体
このカードのL召喚は自分のPゾーンの天使族モンスターカードの響鳴カウンターが3つ以上の場合にしか行えず、自分は「ヴァルモニカの異神-ジュラルメ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードがL召喚した場合、自分のPゾーンの響鳴カウンターの数まで、相手フィールドのモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):自分のPゾーンの響鳴カウンターを3つ取り除いて発動できる。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。

リンク1で攻撃力2500と破格のモンスターですが、リンク召喚するためには「響鳴カウンター」が3存在しなければリンク召喚できず、特殊召喚も名称ターン1となっています。

リンク召喚成功時に響鳴カウンターの数まで相手モンスターを破壊、リンク召喚なので条件的に最低3体まで破壊が可能。

響鳴カウンターを3つ取り除けば3回攻撃が可能とリンク1とは思えないパワフルなカード。

《ヴァルモニカの神異-ゼブフェーラ》

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/悪魔族/攻2500
【リンクマーカー:左下】
効果モンスター1体
このカードのL召喚は自分のPゾーンの悪魔族モンスターカードの響鳴カウンターが3つ以上の場合にしか行えず、自分は「ヴァルモニカの神異-ゼブフェーラ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分のPゾーンの響鳴カウンターを3つ取り除くことができる。
(2):相手ターンに1度、自分の墓地・除外状態の「ヴァルモニカ」通常魔法・通常罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カード発動時の効果を適用する。

《ヴァルモニカの異神-ジュラルメ》の対となるこちらもリンク1のモンスター。各種召喚条件などは共通となっています。

フィールドのカードを破壊からカウンターを取り除いて身代わりとまもりの効果、相手ターンに墓地・除外から「ヴァルモニカ」通常魔法・通常罠の効果をコピーして適用、除外状態からも対応しているのが嬉しい限り。

《天魔の聲選器-『ヴァルモニカ』》

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ヴァルモニカ」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分のPゾーンのカードに響鳴カウンターが置かれ、そのカードの響鳴カウンターの数が3つになった場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できない。

フィールド魔法、発動時の効果処理でサーチとテーマ用フィールド魔法お馴染みの効果。

響鳴カウンターが3つになると相手モンスターのコントロールを奪取する事ができます、攻撃宣言はできませんが効果を使う事は可能。

《ヴァルモニカ・ヴェルサーレ》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選んで適用する。
自分のPゾーンに「ヴァルモニカ」カードが存在しない場合、適用する効果は相手が選ぶ。
●自分は500LP回復する。
その後、「ヴァルモニカ」カードが出るまで自分のデッキの上からカードをめくる事ができる。
その場合、めくった「ヴァルモニカ」カードを手札に加え、残りをデッキに戻す。
●自分は500ダメージを受ける。
その後、デッキから「ヴァルモニカ・ヴェルサーレ」以外の「ヴァルモニカ」カード1枚を墓地へ送る事ができる。

ライフを回復するモード、ダメージを受けるモードが存在する「ヴァルモニカ」通常魔法郡の1つ。

Pゾーンに「ヴァルモニカ」が存在しないと適用するモードは相手が選ぶ事となります。

回復効果はデッキをめくって「ヴァルモニカ」カードをサーチ、バーン効果は同名以外の「ヴァルモニカ」カードをデッキから墓地送り。

《ヴァルモニカ・イントナーレ》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選んで適用する。
自分のPゾーンに「ヴァルモニカ」カードが存在しない場合、適用する効果は相手が選ぶ。
●自分は500LP回復する。
特殊召喚可能なモンスターが自分の墓地に存在する場合、さらにその内の1体を相手が選び、そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
●自分は500ダメージを受ける。
その後、自分の墓地からレベル4モンスター1体を手札に加える事ができる。

「ヴァルモニカ」通常魔法その2。

回復効果は蘇生効果ですが、蘇生するモンスターは相手が選ぶ事になるのでリターンの大きさは見込みづらいです、墓地のモンスターどれも強い…となれば別ですが。

バーン効果は墓地からレベル4モンスターを回収と扱いやすく癖の無い効果。

《律導のヴァルモニカ》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「ヴァルモニカ」モンスターカードが存在する場合、以下の効果から1つを選んで適用する。
自分フィールドに「ヴァルモニカ」Lモンスターが存在する場合、両方を選んで適用できる。
●自分は500LP回復する。
その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。
●自分は500ダメージを受ける。
その後、フィールドのモンスター1体を手札に戻す事ができる。

「ヴァルモニカ」通常罠郡その1、罠も回復とバーンのモードを選びます、ヴァルモニカリンクモンスターが存在すれば両方使える欲張りモードに。

回復効果はフィールドの魔法・罠を破壊する《サイクロン》効果ですね。

バーン効果はモンスターをバウンスする《強制脱出装置》効果、どちらもスタンダードな効果となっていますが、両方適用されると流石に強い。

《選律のヴァルモニカ》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「ヴァルモニカ」モンスターカードが存在する場合、以下の効果から1つを選んで適用する。
自分フィールドに「ヴァルモニカ」Lモンスターが存在する場合、両方を選んで適用できる。
●自分は500LP回復する。
このターン中、自分フィールドの「ヴァルモニカ」モンスターカードを相手は効果の対象にできない。
●自分は500ダメージを受ける。
その後、相手フィールドの効果モンスター1体の効果をターン終了時まで無効にできる。

「ヴァルモニカ」通常罠郡その2。

回復効果は「ヴァルモニカ」モンスターに効果対象耐性を付与する効果。

バーン効果は相手モンスターの効果をターン終了時まで無効。

耐性付与と効果無効によりかなり堅い守りを敷く事ができるカードとなっています。

コメント