効果判明《ハーピィズペット竜-セイント・ファイアー・ギガ》十分採用圏内か

『Vジャンプ(2021年7月号)』の付属カードである《ハーピィズペット竜-セイント・ファイアー・ギガ》の効果が判明しました。

【ハーピィ】をサポートするカード。十分採用圏内の強さを持っていそうです。

スポンサーリンク

緩い召喚条件と墓地肥やし効果

効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2000/守2500
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにレベル6以下の風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにレベル6以下の「ハーピィ」モンスターを攻撃対象に選択できない。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから鳥獣族・風属性モンスター1体を墓地へ送る。

レベル6以下の風属性が存在するだけで特殊召喚と非常に緩い召喚条件。「ハーピィ」指定でもないので風属性汎用としてもワンチャンありそうかもですね。

「ハーピィ」の攻撃対象を制限する効果、何気にお互いなのでミラーだと大変そうですな。

フィールドから墓地へ送られると鳥獣族・風属性モンスターをデッキから墓地へ、カテゴリ的に「ハーピィ」以外では「ドラグニティ」が対応していますね。

《ハーピィ・ハーピスト》を墓地へ送ればエンドフェイズにサーチが可能ですね。

《嵐征竜-テンペスト》でサーチしたり《ハーピィ・チャネラー》でリクルートが可能。

《ハーピィ・チャネラー》
効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1400/守1300
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):自分フィールドにドラゴン族モンスターが存在する場合、このカードのレベルは7になる。
(3):手札から「ハーピィ」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ハーピィ・チャネラー」以外の「ハーピィ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

レベル7ドラゴン族・ランク7を駆使できる

《ハーピィズペット竜》や《嵐征竜-テンペスト》に加え《ハーピィ・チャネラー》でランク7を立てる事が可能。

「セイント・ファイアー」の召喚条件が緩いのでランク7を採用するプランは再び日の目を浴びそうです。

またレベル1チューナーを用意すれば《ハーピィ・レディ・SC》をシンクロ召喚する事もでき、デッキの幅が広がるのではないでしょうか。

コメント