PR

【R-ACE】新規「デュエリスト・ネクサス」にしっかり収録されているぞ!

記事内に広告が含まれています。

公式での発表で【御巫】【ピュアリィ】と発表され次は【R-ACE】だなぁ!と思っていた所でOCGタイムズが挟まりタイミングを逃した【R-ACE】新規ですが、ちゃんと「デュエリスト・ネクサス」に収録となりました。

いやぁ、よかったよかった。

スポンサーリンク

《R-ACE プリベンター》

効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻2800/守2800
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から「R-ACE」カード1枚を除外して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分・相手ターンに、自分フィールに他の「R-ACE」モンスターが存在する場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、レベル8モンスター以外の自分の除外状態の「R-ACE」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

レベル8となる「R-ACE」モンスター。

墓地からの除外により手札からの特殊召喚が可能、(3)の効果により帰還させる効果があるのでそれも狙いつつ除外するカードを決めると良さそう。

また「タービュランス」でも特殊召喚コストとして除外を行うので帰還するカードに困る事は少ないはず。

(2)の効果はフリーチェーンによる裏側守備化、効果モンスターのみなのでバニラには通じません。

フリーチェーンでの裏守備化が強力なのは《月の書》が証明済み、対象こそ取りますが展開の途中、厄介な相手のエースをひっくり返し、反撃の起点とする事ができます。

展開・妨害と攻守のバランスが良く取れている1枚と言えるでしょう。

《EMERGENCY(エマージェンシー)》

速攻魔法
このカード名はルール上「R-ACE」カードとしても扱う。このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1)デッキから「R-ACE」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。その後、自分の手札・フィールドから「R-ACE」モンスター1体をリリースする。
(2)自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「R-ACE」罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。

1・エマージェンシー!デカレンジャー!おっと…

「R-ACE」の新たな速攻魔法、ルール上ちゃんと「R-ACE」カードとしても扱います。

効果の方は(1)の効果がリクルートとなっています、守備表示限定ですがレベルを問わず効果無効などのデメリットがありません。

その後に手札・フィールドからリリースを求められます、これによりアド損もありますが速攻魔法なのを活かし効果を通す事が大事な「タービュランス」や「ハイドラント」の効果に《エフェクト・ヴェーラー》や《無限泡影》などを当てられた場合このカードをチェーンして発動しエスケープさせて通す事が可能。

(2)の効果は自分メインフェイズに墓地除外する事で墓地から「R-ACE」罠カードをセット。

「ハイドラント」が存在すればセットしたターン発動可能となるので速効性を期待する事もできますねぇ。

コメント