《LL-アンサンブルー・ロビン》ターン1が無いバウンス!召喚権無しで並べれる「カナリー」も強い

『デュエリストパック-疾風のデュエリスト編-』にて収録されるテーマ【LL】から新たなエクシーズモンスターが登場。

初登場のマキシマム・クライシスから4年になるんですねぇ(遠い目)

この《LL-アンサンブルー・ロビン》なんとまぁターン1制限が無いバウンスとしてとても高い除去力を誇っています。

《LL-アンサンブルー・ロビン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 0
レベル1モンスター×2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×500アップする。
(2):相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、このカードのX素材を1つ取り除き、その特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが相手によって墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

相手の特殊召喚に反応してX素材を取り除きバウンス。

なんとターン1が無く、X素材がある限りバウンスエンジンとして機能します。各種「LL」の効果を使い素材を継ぎ足して行くと打点もそこそこ見込めますねぇ、せめて通常召喚したモンスターに突破されにくい2000打点を目指しておくと良さそうですな。

当然バウンスをしていくと打点が下がり、特殊召喚時の効果も許してしまいますがそれでも相手に対するプレッシャーは高そうです。見えてるバウンスでも乗り越えて完全な盤面を目指すのはやはり難しいですからねぇ。

相手によって墓地へ送られるとサルベージ効果。同パックの新規カードである《LL-ベリル・カナリー》を回収すれば召喚権を使わずに2体の「LL」を並べる事ができるこちらもかなり強力なカード。

《LL-ベリル・カナリー》

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 0/守 200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードと対象のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードの攻撃力は200アップし、コントロールを変更できない。

手札の自身を特殊召喚と墓地から蘇生とはお強い…召喚権なしでランク1に到達可能。流石にEXデッキからエクシーズモンスターのみの縛りが発生します。

打点200アップは微量ですが「アンサンブルー・ロビン」の場持ちを少しでも良くする為に有り難い効果ですね、コントロール奪取にも耐性ができます。

【トライブリゲード】との混合デッキも流行していますが今後純構築なども多く見られそうですね。

コメント