PR

ストラク「王者の鼓動」再録漏れシンクロや《妖精竜エンシェント》の需要が上がり高騰中

記事内に広告が含まれています。

ストラクチャーデッキ「王者の鼓動」が発売されて一息ついている所で再録漏れとなった「レッド・デーモン」系のシンクロモンスターの需要がじわじわと上がっています、やっぱり使いたくなってきたりもしますねぇ。

そしてレベル7の闇属性ドラゴン族シンクロという「王者の鼓動」でかゆいところに手が届くカード《妖精竜 エンシェント》の需要が急増しています。

スポンサーリンク

EXデッキのレッド・デーモンの種類を増やしたくなるのが人情

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
「レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズ1に発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):バトルフェイズに魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を500アップする。

ストラクチャーデッキ「王者の鼓動」で再録されなかった《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》がそれぞれウルトラ300円・アルティメット500円・シク600円買取となっています。

素材がダブルチューニングとなるのが昔はネックでしたが今の【リゾネーター】ならクリアしやすくなりましたね。

《琰魔竜 レッド・デーモン》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ1でのみ発動できる。
このカード以外のフィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカード以外のモンスターは攻撃できない。

《琰魔竜 レッド・デーモン》が400円買取になっています、こちらはコミック付録カードなので再録はずっとされなさそうですね。

それぞれ【リゾネーター】構築において必須カードとまではいきませんが、一定水準のパワーを持ったカード。

《妖精竜エンシェント》

シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のターンにフィールド魔法カードが発動した場合、デッキからカードを1枚ドローする。
「妖精竜 エンシェント」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、1ターンに1度、フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター1体を選択して破壊できる。

《妖精竜 エンシェント》がシク500円買取、収録が「プレミアムパック15」となっていて再録もないのでシクのみの存在になります。

ちょっとしたタイミングでグッと高騰しましたねぇ、用途としては効果を見込んでというよりかは【リゾネーター】で発生しやすい闇属性・ドラゴン族シンクロの制約をクリアできるレベル7という事で需要が高まっています。

フィールド魔法が存在すれば除去を使えるので完全に効果が腐りきらないのもポイント。

《深淵の神獣ディス・パテル》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族モンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されている自分または相手の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
(2):相手がモンスターの効果を発動した時、除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
さらに、対象のカードの持ち主が自分の場合、そのモンスターを破壊する。
相手の場合、その発動した効果を無効にする。

比較的新しめなシンクロモンスター《深淵の神獣ディス・パテル》スーパー400円買取・シク2500円買取・プリシク4800円買取となっています。

レギュラーパック産でシクが2500円買取まで伸びるカードは美少女カード以外では珍しいパターンですね。

レベル10の闇属性ドラゴン族シンクロという事で需要が上がっているカード、それ以前から強いカードなので様々なシンクロデッキで使用されている実績もあります。

帰還効果はお互いの除外を参照でき、モンスター効果に対して破壊or無効を迫る事ができます。

コメント