PR

新規到来【ユベル】デッキと相性の良いカード一覧まとめ・「三幻魔」カードや融合サポート

記事内に広告が含まれています。

「ファントム・ナイトメア」に収録される【ユベル】新規カード達、デッキをかなりパワーアップさせる事ができそうですね。

そこで【ユベル】と相性の良いカード達をまとめて紹介していきます。

【ユベル】の新規カードについては以下の記事からどうぞー。

スポンサーリンク

《暗黒の招来神》

暗黒の招来神

効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記された、「暗黒の招来神」以外のカード1枚をデッキから手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を召喚できる。

【三幻魔】から出張できるカード、召喚時にサーチ効果があり、そちらではセオリー通り《七精の解門》を持ってくるのがベターとなるでしょう。

そして(2)の効果が攻守0の悪魔族モンスターを召喚できる効果、「召喚」なので《ユベル》を召喚するにはアドバンス召喚となりリリースが必要なので大変、ここは新規リクルーターである《サクリファイス・D・ロータス》を展開していきたい所ですかね。

《七精の解門》

七精の解門

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地から攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。
自分の墓地から永続魔法カード1枚を選んで手札に加える。

《暗黒の招来神》のサーチ先でもありますが、こちらから《暗黒の招来神》もサーチできる所謂相互サーチ。

手札を捨てる事により墓地から攻守0悪魔族モンスターを蘇生、つまりは「ユベル」モンスターの蘇生手段となってくれます。

戦闘破壊耐性のある《スピリット・オブ・ユベル》を蘇生できる事により凄まじい壁能力を得る事ができます、更にサーチ効果も使えますね。

またレベル10モンスターの存在を参照し、墓地から永続魔法の回収、《ナイトメア・ペイン》を拾う事ができるので除去されても安心。

《超融合》

速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

ある種カテゴリ内と言っていいカード。

《ユベル-Das Ewig Liebe Wächter》がフィールドの効果モンスター1体以上という素材指定により大量に吸い込む事ができます。

準制限なので2枚採用する事ができ、頑張ればサーチできるカードも用意されています。

《融合派兵》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

《ユベル》を手札・デッキからポンと出せるカード、融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できなくなりますが、出しても融合モンスターですしEX依存度は低いのであまり気にならないかと。

《ピリ・レイスの地図》

ピリ・レイスの地図

通常魔法
(1):自分メインフェイズ1開始時に発動できる。
デッキから攻撃力0のモンスター1体を手札に加え、自分のLPを半分にする。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで、自分はこの効果で手札に加えたモンスターまたはその同名カードの召喚に成功しない限り、そのモンスター及びその同名カードの効果を発動できない。

サーチカード、「ユベル」モンスターは主に特殊召喚なので効果発動できない所に引っかかりがちですが、《ユベル》のエンドフェイズのリリースか自壊が発動しなくはなりますねぇ。

《暗黒の招来神》もサーチできるのでそちらとの組み合わせも考えて使うと面白いかもですね。

LP半分が痛いですが、《ガイストーチ・ゴーレム》の3000回復により大分軽減ができるようになっています。

《E・HERO ネオス・クルーガー》

融合・効果モンスター
星9/光属性/魔法使い族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「ユベル」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「ネオス・ワイズマン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

「ネオス」と「ユベル」で融合!現代遊戯王では《ネオス・フュージョン》によってデッキ融合する事ができます。

戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分のバーンとユベルらしい効果と相手によりフィールドを離れた場合・戦闘破壊されると《ネオス・ワイズマン》を展開する事ができます。

《ネオス・ワイズマン》

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/魔法使い族/攻3000/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分のモンスターゾーンの表側表示の、「E・HERO ネオス」と「ユベル」を1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは効果では破壊されない。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動する。
その相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
その相手モンスターの守備力分だけ自分のLPを回復する。

正規召喚条件は中々に大変、「ネオス・クルーガー」で召喚条件を無視して出すのが楽かと。

効果破壊耐性とこのカードも戦闘を行った相手モンスター分のバーンを飛ばします、そして守備力分の回復効果も付いています。

現在基準のカードパワーで見るとそこそこ…といった所ですが「ネオス・クルーガー」から踏み倒して出てくるならば良しとする感じでしょうか。

「ユベル」もそうですが「ネオス・クルーガー」「ネオス・ワイズマン」とバーン効果持ちが立て続けに並ぶ可能性が出てきますね。

新規でもバーンの種類が増えているのでちょっとオーバーキル感になってしまうかもしれません。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

特に三幻魔関連との相性の良さが光っていますね。

コメント