PR

遊戯王「アニクロ」関連で話題のカード達の紹介・スクラップ・フィストや悪魔族融合素材代用

記事内に広告が含まれています。

アニメーションクロニクル2023も発売前日となっていますねぇ。

パックの間隔がやけに短くてウッ!ってなりますが今回はアニクロ関連から話題のカードを取り上げていきます。

スポンサーリンク

《スクラップ・フィスト》

速攻魔法
(1):自分フィールドの「ジャンク・ウォリアー」1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、以下の効果を適用する。
●相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●対象のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
●相手が受ける戦闘ダメージは倍になる。
●対象のモンスターは戦闘では破壊されない。
●戦闘を行った相手モンスターはダメージステップ終了時に破壊される。

強化的な理由ではないのですがイラスト違いの《ジャンク・ウォリアー》が収録される事とストラクチャーデッキ「王者の鼓動」で対となる《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の必殺技カードである《アブソリュート・パワーフォース》が収録されます。

これは友人間で特化対決デッキ同士でデュエルすると盛り上がりそうです。

そうでなくとも特化デッキを組むキッカケになってくれそうですねぇ。

ローレベルでデッキを固める事が主眼となり構築もガラリと変わりますし、決まった時の威力も凄まじいです。

5D’sのラストデュエル…アツかったからですねぇ。

《破壊神 ヴァサーゴ》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1100/守 900
このカードを融合素材モンスター1体の代わりにする事ができる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。

融合素材代用モンスター、こういった種類のモンスターでは最近《沼地の魔獣王》が話題になったのが記憶に新しいですね。

今回《破壊神ヴァサーゴ》が話題になっている理由は《暗黒界の混沌王 カラレス》の収録による影響となっています。

《暗黒界の混沌王 カラレス》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/悪魔族/攻 ?/守 ?
「暗黒界の魔神 レイン」+悪魔族モンスター2体以上
(1):このカードが融合召喚した場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1000になる。
(3):自分・相手ターンに1度、自分フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。
自分の手札を1枚選んで捨てる。
このターン、相手は対象の表側表示カードを効果の対象にできない。

【暗黒界】から新たな融合モンスター、相手フィールドを全て破壊と高い殲滅力を誇るカード。

融合素材として《暗黒界の魔神 レイン》を要求されます、中々旧レインはガン積みできないので融合素材代用できるのは大きい所。

「ヴァサーゴ」本体がもう片方の融合素材である「悪魔族」であるため《沼地の魔神王》とかより扱いやすくなっています。

《篝火》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからレベル4以下の炎族モンスター1体を手札に加える。

アニメーションクロニクル2023自体に収録されるカード。

名称ターン1がありますが炎族の《増援》的カード、炎族といえば只今絶賛人気の【ヴォルカニック】が存在しますので一定の需要が望まれるカードとなっています。

また「炎族」と範囲の広さから汎用性の高さで持っておいて損は無いカードですね。

《業火の結界像》

効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1000/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いは炎属性モンスターしか特殊召喚できない。

また《業火の結界像》がサーチ範囲に収まっているのでメタ寄りの構成を強くする事もできます。結界像シリーズ…恐ろしい子…!

炎属性デュエリストパックの後にこれはやれと言われている…!?

《フォトン・バニッシャー》

特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻2000/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは「ギャラクシー」モンスターが存在する場合に特殊召喚できる。
自分は「フォトン・バニッシャー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「銀河眼の光子竜」1体を手札に加える。
(2):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(3):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが戦闘で破壊したモンスターは墓地へは行かず除外される。

ガッツリとはいきませんが【フォトン】にも新規が登場します。

そこで特殊召喚条件が緩い《フォトン・バニッシャー》がプチバズしています。

このカードもサーチを行えるのでアドバンテージ獲得源になってくれます。

《フォトン・デルタ・ウィング》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1800/守 900
(1):このカードが召喚した場合に発動できる。
手札・デッキから「フォトン・デルタ・ウィング」1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は光属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドに他の「フォトン・デルタ・ウィング」が存在する場合、相手は攻撃宣言できない。

アニクロで登場する新規が《フォトン・デルタ・ウィング》同名をリクルートできる効果なので光属性縛りが発生しますが、そのままランク4エクシーズを組む事が可能。

コメント