新規カード《ワン・バイ・ワン》墓地・除外から回収・使い手のセンスで伸びる?

『ライトニングオーバードライブ』に収録される新規カード《ワン・バイ・ワン》が公表されました。

文字通り《ワン・フォー・ワン》の亜種となりますが、効果的にディスアドをどうするかが課題となりそうですね。

スポンサーリンク

魔法カードだとヤバいかもギリギリライン・そして新規「落とし穴」は無いのかな?

《ワン・バイ・ワン》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドからモンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、墓地へ送ったモンスター以外のレベル1モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

コストとして手札・フィールドからモンスターを墓地へ送り必要アリ、フィールド対応が《ワン・フォー・ワン》との違いですね。

効果はコスト以外のレベル1モンスターを墓地・除外から手札に戻すというもの。

どうしても罠かつディスアドバンテージって点が気になる所ですね、しかしフィールド対応で罠なのでサクリファイスエスケープとして運用できる所はいいポイントかと。

罠の遅さが気になりますが、フィールド対応する事での独特な使い方ですね、速攻魔法だったら…ってのは言っちゃいけませんか…(;・∀・)

相性の良さは《レイテンシ》ならばサルベージしてそのまま特殊召喚でき、リンクして1ドローになるのでこれならばアリな気がしてきます。

また【ワイト】でも上手く扱えそうですね。

まだまだ研究で上手く扱えそうなカードがありそうです、パッと見弱い印象でしたが化けそうな予感もしています。

そして収録枠的に【蟲惑魔】向けに新規「落とし穴・ホール」は無さそうですね。ノーレアでまだワンチャンあるかもですが。

前記事は《ブラッド・ローズ・ドラゴン》についてとなっております、よろしければどうぞー

コメント

  1. 胡蝶しのぶ より:

    混沌の召喚神とか相手のメイン2に除外してある自戒巫女戻したり、機皇帝でインフィニティコア使い回したり恩恵を受けるテーマは可能性を感じます。スパイラルドローンとジーニアスとかもいけますね。