効果判明《新鋭の女戦士》「Vジャンプ11月号付録」カード

2021年9月21日発売の「Vジャンプ11月号」に付属するカード《新鋭の女戦士》の効果が判明しました。

連動先としてはVジャンプでは『ワールドプレミア2021』との相性の良さと触れられています。【ウォークライ】との連動という事でしょうかね。

スポンサーリンク

戦士族デッキでは汎用性が高い・戦闘に強くでれる上にサルベージ効果も

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1000/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の他の戦士族モンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、その元々の攻撃力分ダウンする。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の戦士族・地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

イラスト的には《荒野の女戦士》っぽい?

効果を見ていきましょう(1)の効果は戦士族の戦闘をアシストする効果。手札からも発動できるので奇襲性が高くすぐには使えませんが《聖騎士の追想 イゾルデ》でサーチして相手ターンの攻撃を牽制するのもアリ。

ダメステではなく攻撃宣言時なのが少し惜しまれますがまぁ仕方なし。

いわば《ダーク・オネスト》の戦士版ですな、ただしダウン値は元々の数字なので「ダ・イーザ」のような攻撃力?のカードやパンプアップしてて下げても倒せない場合などには注意したいですな。

触れ込み通り戦闘が大事な【ウォークライ】との噛み合いが良さそうです。

そして(2)の効果は墓地から除外することで地属性・戦士族をサルベージ。戦闘補助効果に加えてアドバンテージを稼ぐ効果を持っているのは非常に嬉しいですね。(1)の効果で墓地へ送ったターンに使用できるのも良きですねぇ。

地属性に限定されるのでなんでも、とはいきませんが地属性戦士テーマならば【剛鬼】や【アマゾネス】が思い当たります。どちらも打点も重視されるテーマなので相性が良さそうですな。

他には【バスター・ブレイダー】で頑張れそう【ヒロイック】も対象範囲ですね。

【HERO】で使えるかな?とも思いましたが地属性が少ないのと《オネスティ・ネオス》が居ますからねぇ(汗)

地属性・戦士族はこれからも増える可能性も高いですし将来性も中々ですねぇ。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント