世は大出張時代?大会環境で目立つ「勇者」と「デスフェニ」出張

現在の遊戯王環境はまさに大出張時代。

以前から出張でお馴染みなのは【召喚獣】ですが、ここしばらくになってかなり目立つ様になったのが「勇者トークン」と「デストロイフェニックスガイ」の出張セット。

大会環境においても入賞が目立つようになりました、またそれらの出張との相性の良さで浮上してきたデッキもありますね。

デスフェニ関連・素材もおいしく素引きもOK

融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2100
レベル6以上の「HERO」モンスター+「D-HERO」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

フリーチェーンでの対象を取らないお互いのカード破壊と自己蘇生により復活してくる「D-HERO」モンスター。

召喚方法も《フュージョン・デステニー》によるデッキ融合から出てくるのでお手軽に出張できます。「アナコンダ」を使えば《フュージョン・デステニー》の効果適用により確実性がより高くなり、棒立ちのアナコンダもデスフェニで破壊する事で隙を消す事もできます。

また過去の「ドラグーン」の様に《真紅眼融合》素引き問題がクリアされており《フュージョン・デステニー》は素引きしてもOKな感じになっています。

現在の大会優勝デッキでも多く採用されており、大多数のデッキにおいて採用されています。

【HERO】で使えばデバフが機能し、更に強力に蘇生の選択肢も増えるので一番強いのはやはり【HERO】での使用ですね。

【HERO】使う身としては規制が怖いですがパワーカード故に禁止の覚悟はしています。

グリフォンによる制圧プラス1「勇者トークン」

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2000/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに、モンスターが存在しない場合、または「勇者トークン」が存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「勇者トークン」が存在し、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを持ち主のデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。

勇者トークンの出張としては基本的に目指すのは《流離のグリフォンライダー》上手くいけば召喚権を行使せずに万能カウンターを盤面にプラスする事ができます。

デッキに戻ったグリフォンライダー《運命の旅路》のサーチによる再び舞い戻ってきます。

使われているデッキとしては「勇者エルドリッチ」他にも「勇者幻影」「勇者プランキッズ」が結果を出しております。

特に【幻影勇者】は《聖殿の水遣い》がレベル3なので3軸シナジーがあり急激に勢力を伸ばしています。

【勇者プランキッズ】も妨害をプラスワンする事で大きく伸びたデッキですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

適度な出張は好きな部類なのですが、あまりに使われ過ぎ感が流石にありますね…

コメント