《真炎竜アルビオン》公表《烙印融合》から融合召喚できる新規カード

真炎竜アルビオン

「サイバーストームアクセス」に収録される新規カード《真炎竜アルビオン》が公表されました。

イラスト的に《アルバスの落胤》+「エクレシア」で出す事ができます。

3年に渡った背景ストーリーもハッピーエンドとなるのでしょうか。

スポンサーリンク

《真炎竜アルビオン》

真炎竜アルビオン
融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「アルバスの落胤」+魔法使い族・光属性モンスター
このカードは融合素材にできない。
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):相手ターンに、自分・相手の墓地のモンスターを合計2体対象として発動できる。
そのモンスターをお互いのフィールドに1体ずつ特殊召喚する。
(3):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
EXモンスターゾーンの及びお互いの中央のメインモンスターゾーンに存在するモンスター4体をリリースし、このカードを特殊召喚する。

レベル8光属性ドラゴン族とTHE遊戯王のドラゴンなステータスを持つモンスター。

融合素材は《アルバスの落胤》と魔法使い族・光属性モンスターで「エクレシア」を使えと言わんばかりですね。

《烙印融合》から融合召喚する新たな候補となりそうです。

(1)の効果は対象耐性、各種効果無効手段は対象を取る事が多いので効果は比較的安全に通す事ができそうです。

(2)は自分・相手墓地からお互いのフィールドにそれぞれ1体ずつ蘇生、相手にもモンスターを与えてしまいます、相手ターンのみでの発動なので下手に蘇生すると相手のリンク召喚などの助けとなってしまいます。

(3)は自身が墓地に存在すればEXモンスターゾーン・中央のモンスターゾーンに存在するモンスター4体をリリースして自己蘇生。

かなり変わった条件…いや初となる条件ですかね。

EXモンスターゾーンが埋まりつつメインモンスターゾーンの中央に2体のモンスターが必要、相手モンスターごとリリースしての蘇生となりますが相手依存かつこのカードが墓地へ落ちていれば相手もそこには置かないでしょうねぇ。

(2)のお互い蘇生でメインモンスターゾーンの中央を埋める事は可能、その後このカードを墓地へ送るか予め同名を墓地へ落としておくなどの必要がありますが…

遊戯王OCGデュエルモンスターズ CYBERSTORM ACCESS
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)

コメント